• OFF
  • ON
シークレットモード

刑事ヴァランダー・シリーズ 関連シリーズ一覧

112/全12

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 苦悩する男 苦悩する男 小説・文芸 > ミステリー
    1,300(税込)

    作品内容

    イースタ署刑事クルト・ヴァランダー59歳、数年前に町なかのアパートを出て、田舎の家に住み始めた。娘のリンダも、同じ刑事の道を歩んでいる。そのリンダに子どもが生まれた。リンダのパートナー、ハンスは...
  2. 殺人者の顔 殺人者の顔 小説・文芸 > ミステリー
    1,018(税込)

    作品内容

    雪の予感がする一月八日の早朝、小さな村から異変を告げる急報がもたらされた。駆けつけた刑事たちを待っていたのは、凄惨な光景だった。被害者のうち、無惨な傷を負って男は死亡、虫の息だった女も「外国の」...
  3. 背後の足音 背後の足音 小説・文芸 > ミステリー
    1,222(税込)

    作品内容

    夏至前夜、三人の若者が自然保護地区の公園でパーティーを開いていた。18世紀の服装、音楽、美味しい料理、ワイン。物陰から彼らをうかがう目があるとも知らず……。イースタ警察署に一人の若者の母親から、...
  4. 霜の降りる前に 霜の降りる前に 小説・文芸 > ミステリー
    1,119(税込)

    作品内容

    リンダ・ヴァランダー、まもなく三十歳。警察学校を修了して秋からイースタ署に赴任することが決まり、この夏は父クルトのアパートに同居している。久しぶりの故郷で、旧友ふたりとのつきあいも復活した。だが...
  5. ピラミッド ピラミッド 小説・文芸 > ミステリー
    1,425(税込)

    作品内容

    北欧ミステリの帝王、ヘニング・マンケルが生んだスーパースター、イースタ署の刑事クルト・ヴァランダー。そんなヴァランダーが初めて登場したのは、ガラスの鍵賞受賞の『殺人者の顔』だが、本書は、ヴァラン...
  6. 目くらましの道 目くらましの道 小説・文芸 > ミステリー
    1,018(税込)

    作品内容

    イースタ署のヴァランダー警部は、夏の休暇を楽しみにしていた。つきあっているバイバと旅行に行くのだ。そんな平和な夏の始まりは、一本の電話でくつがえされた。不審な女性がいるとヴァランダーが呼ばれて行...
  7. ファイアーウォール ファイアーウォール 小説・文芸 > ミステリー
    1,222(税込)

    作品内容

    19歳と14歳の少女がタクシー運転手を襲う事件が発生。19歳のソニャがハンマーで殴り、14歳のエヴァがナイフで刺した。逮捕された少女たちは金ほしさの犯行だと自供、反省の色はない。ヴァランダーには...
  8. 五番目の女 五番目の女 小説・文芸 > ミステリー
    1,222(税込)

    作品内容

    父親と二人のローマ旅行は、予想外に楽しいものになった。その素晴らしい一週間が終わり、イースタ警察署に戻ったヴァランダーを待ち受けていたのは、花屋の家宅侵入の通報だった。店主は旅行中で盗まれたもの...
  9. 白い雌ライオン 白い雌ライオン 小説・文芸 > ミステリー
    1,527(税込)

    作品内容

    春の祭典を目前にしたスウェーデンの田舎町で、不動産業者の女性が行方不明になった。良き妻、幸せな母、教会の熱心な信徒がなぜ? 失踪か、それとも事件か、事故か。ヴァランダー警部らは彼女の足取りを追い...
  10. リガの犬たち リガの犬たち 小説・文芸 > ミステリー
    1,119(税込)

    作品内容

    スウェーデン南部の海岸に、一艘のゴムボートが流れ着いた。中には、二人の男の死体が抱き合うように横たわっていた。共に射殺。身に付けた高価なスーツからするに漁師や船員ではなさそうだったが、身元を示す...
  11. 笑う男 笑う男 小説・文芸 > ミステリー
    1,324(税込)

    作品内容

    正当防衛とはいえ、人を殺したことに苦しむヴァランダー。このまま警察官を続けるか否か、長期休暇を取りデンマークの海岸で悩む彼のもとへ友人の弁護士が訪ねてきた。同じ弁護士の父親が交通事故で死亡したが...
  12. 手/ヴァランダーの世界 手/ヴァランダーの世界 小説・文芸 > ミステリー
    1,400(税込)

    作品内容

    田舎暮らしを願っていたヴァランダーに、同僚のマーティンソンが物件を紹介した。購入を考えたヴァランダーだったが、なんと家の裏庭で地面から人間の手の骨が突き出しているのを見つけてしまう。地面の下には...