• OFF
  • ON
シークレットモード

中国任侠伝 関連シリーズ一覧

18/全8

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 似てくる男 大侠朱家を真似た反骨と意地っ張り 似てくる男 大侠朱家を真似た反骨と意地っ張り 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    長沙場王堆で漢代古墳が発見され、被葬者はたいこう夫人と推定された。楚の侠客田仲はあるじの娘に求愛したがかなわず、大侠朱家に父事してそのすべてを手本に学んだ。故郷に戻った田仲だが、娘はすでに長沙王...
  2. 荊軻、一片の心 始皇帝暗殺行 荊軻、一片の心 始皇帝暗殺行 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    秦の始皇帝とは同じ境遇の幼馴染だったが、冷たく扱われた燕国の太子丹。そして秦軍は燕国に迫る。主戦派の丹に残された起死回生策・始皇帝暗殺を企てた荊軻の壮絶な心。奇策ならず。だが、荊軻「一片の心」は...
  3. おれは幸運児 酷薄非情が任侠の紳士に おれは幸運児 酷薄非情が任侠の紳士に 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    武帝期、庶民の信望を得て隠然たる勢力を保持した侠客の郭解。若い時にはひたすら己の幸運を信じ悪事のかぎり。年を取ると「徳をもって恨みに報い厚く施して薄く望む」紳士に大変貌。だが、老齢で世に出た御史...
  4. 首がとぶ 己を知る者を求めて 首がとぶ 己を知る者を求めて 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    氏素姓もさだかでない遊説の氏でありながら、いきなり趙王に謁見を求め得意の弁台で上卿に任命された虞卿。春申君に望外の幸いと意外の禍を説く士のなかの士といわれた朱英。ともに任侠の友を求めて老を共にし...
  5. 季布の一諾 任侠の鑑、侠客の手本 季布の一諾 任侠の鑑、侠客の手本 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    「黄金百斤を得るは季布の一諾を得るに如かず」項羽軍の部将だった季布の苦境を救ったのは魯の大侠朱家。劉邦の天下取りでは全国の侠客の力を借りた。朱家は全国侠客の頂点に立ち劉邦側近とも親しい。だが、朱...
  6. 孟嘗君の客 鶏鳴狗盗、無名の食客たち 孟嘗君の客 鶏鳴狗盗、無名の食客たち 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    孟嘗君は斉の王族、有為の士三千余人を食客とし名声は全国に高かった。秦に召還されたが色地におち、鶏鳴狗盗をよくする食客たちに助けられた。孟嘗君ははたして任侠の士であったか。命も惜しまないが、無名も...
  7. いざ男の時代 散財で天下の侠客に いざ男の時代 散財で天下の侠客に 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    幼年時代の武帝が姑母の館陶公主の娘阿嬌と出会った頃、趙群も阿嬌に心を奪われていた。この一種のロマンチシズムが趙群を游侠に向かわせた。時代の風潮は武帝即位のころから男性的になった。漢の国庫は豊かで...
  8. 虎符を盗んで 王命なく国軍を動かす大義 虎符を盗んで 王命なく国軍を動かす大義 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    中国の戦国時代は百家争鳴、百花斉放といわれる躍動の時代で、客好きの戦国四君のなかで信陵君は芸術家的な気質があり損得抜きの行動が任侠に近く、姉妹国趙が秦国の侵攻を受け援軍を求めたとき「虎符」を盗ん...