• OFF
  • ON
シークレットモード

三浦綾子 電子全集 関連シリーズ一覧

120/全78

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 三浦綾子 電子全集 氷点 三浦綾子 電子全集 氷点 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。<br><br>ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏...
  2. 三浦綾子 電子全集 銃口 三浦綾子 電子全集 銃口 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    人間の本質に迫る三浦文学の最高傑作!<br><br>昭和元年、北森竜太は、北海道旭川の小学4年生。父親が病気のため納豆売りをする転校生中原芳子に対する担任坂部先生の温かい言葉に心打たれ、竜太は、...
  3. 三浦綾子 電子全集 続 氷点 三浦綾子 電子全集 続 氷点 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    人間にとっての「ゆるし」とは何かを問いかけるベストセラー『氷点』のその後。<br><br>自分が殺人犯の娘であると知った陽子は、睡眠薬自殺を図るが、一命を取り留める。意識が戻った陽子に、育ての親...
  4. 三浦綾子 電子全集 塩狩峠 三浦綾子 電子全集 塩狩峠 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    明治42年に実際に起こった鉄道事故を元にした人間のあり方と愛と信仰の物語。三浦綾子の代表作であり、多くのファンに愛される大ベストセラー作品!<br><br>東京で、父と厳格な祖母に育てられた信夫...
  5. 三浦綾子 電子全集 ひつじが丘 三浦綾子 電子全集 ひつじが丘 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    過ちを犯さない人間はいない。だからこそ愛することはゆるすこと。永遠の愛のテーマ。<br><br>牧師の家に育った奈緒美は高校卒業後、友人・京子の兄、良一から求婚される。やんちゃな面を持つ良一に奈...
  6. 三浦綾子 電子全集 愛すること信ずること 三浦綾子 電子全集 愛すること信ずること 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    540(税込)

    作品内容

    自らの夫婦生活を素直に、ユーモラスに語りながら、人生を深く見つめた随筆集。<br><br>「肺結核と脊椎カリエスで9年来臥ていて、今もなお、ギプスベッドに絶対安静で、ときどき喀血する。年齢も2つ...
  7. 三浦綾子 電子全集 積木の箱 三浦綾子 電子全集 積木の箱 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    親と子、教師と生徒の絆を深く描く問題作。<br><br>旭川の私立中学校に赴任した教師の杉浦悠二は、生徒のひとり、佐々林一郎の暗い表情が気になっていた。じつは一郎は、実業家の父を持つ裕福な家の息...
  8. 三浦綾子 電子全集 道ありき 青春編 三浦綾子 電子全集 道ありき 青春編 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    著者の二十歳代前半から療養生活、自殺未遂、光世氏との結婚までを記した自伝的小説。<br><br>小学校の教師をしていた綾子は、敗戦を迎え、それまで教えてきたことが間違いだったのではとの思いにさい...
  9. 三浦綾子 電子全集 病めるときも 三浦綾子 電子全集 病めるときも 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    自己本位にしかものを考えることができない人間の悲劇。6つの作品からなる短編集。<br><br>性愛に奔放な元小学校教師の加代は、真実の愛があることを信じない(「井戸」)。入院中の療養所の裏山で性...
  10. 三浦綾子 電子全集 生きること思うこと わたしの信仰雑話 三浦綾子 電子全集 生きること思うこと わたしの信仰雑話 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    540(税込)

    作品内容

    何気ない普段の生活の中で嬉しかったこと、失敗したことなどを謙虚な姿勢で綴ったエッセイ集。<br><br>「わたしたちは、きわめてわずかな行為で、恩を返したかのごとくに錯覚し、恩人の前に、いや神の...
  11. 三浦綾子 電子全集 裁きの家 三浦綾子 電子全集 裁きの家 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    人は人を裁くことができるのか? 誰もが持っている人間のエゴイズムに光をあてた問題作!<br><br>「『家庭は裁判所ではない』ということを、わたしは度々口にする。しかし、現代は家庭もまた裁き合う...
  12. 三浦綾子 電子全集 この土の器をも ―道ありき 第二部 結婚編 三浦綾子 電子全集 この土の器をも ―道ありき 第二部 結婚編 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    愛を持続させることはいかに大切であるか――。新婚生活から新聞懸賞小説に入選するまでを綴った自伝的小説。<br><br>37歳で結婚し、綾子の実家に近い一間だけの小さな新居で始まった結婚生活。新聞...
  13. 三浦綾子 電子全集 光あるうちに ―道ありき 第三部 信仰入門編 三浦綾子 電子全集 光あるうちに ―道ありき 第三部 信仰入門編 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    540(税込)

    作品内容

    傷つき、傷つけられた人。生きることに絶望している人。愛に悩んでいる人、失意の底にいる人などに、優しく語りかけるエッセイ。<br><br>罪とは、人間の弱さとは、愛とは何なのか。聖書の言葉を引用し...
  14. 三浦綾子 電子全集 自我の構図 三浦綾子 電子全集 自我の構図 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    人は果たして人を真に愛し得るか。人間にとっての永遠の課題を追求した問題作。愛のあり方、求め方とは――。<br><br>高校教師・南慎一郎は、同僚であり、新進の日本画家であった藤島壮吉から絵の手ほ...
  15. 三浦綾子 電子全集 帰りこぬ風 三浦綾子 電子全集 帰りこぬ風 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    ほんとうの自分とは何か、存在するのか、どういうものなのか。生き方に悩む主人公が日記体で綴る、青春小説。<br><br>理想にもえる22歳の看護婦・西原千香子は、同じ病院に勤める独身の青年医師・杉...
  16. 三浦綾子 電子全集 残像 三浦綾子 電子全集 残像 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    良心とは何か?主人公を襲う家庭の崩壊から、どのように心を持つべきかを問う問題作。<br><br>女性を妊娠させ自殺に追いやる兄、体面だけを気にする教育者の父、何を考えているかわからない母―。そし...
  17. 三浦綾子 電子全集 死の彼方までも 三浦綾子 電子全集 死の彼方までも 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    人間の強さと脆さ、愛憎、生と死を厳しくも優しい視点から描いた傑作中短編集。<br><br>作家活動の最盛期にあった著者が、長編執筆のかたわらで、何気ない日常の中に垣間見える、底知れぬ闇を抱えた人...
  18. 三浦綾子 電子全集 石ころのうた 三浦綾子 電子全集 石ころのうた 小説・文芸 > 文芸小説
    540(税込)

    作品内容

    女学校に入った時から、小学校教師として敗戦を迎えるまでの「石ころのような平凡な女」三浦綾子の自伝的小説。<br><br>昭和10年に女学校に入学した「わたし」の無愛想で生意気な学校時代から、昭和...
  19. 三浦綾子 電子全集 旧約聖書入門 ―光と愛を求めて 三浦綾子 電子全集 旧約聖書入門 ―光と愛を求めて 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    540(税込)

    作品内容

    「絶対におもしろい」旧約聖書をわかりやすく解説した手引書。<br><br>聖書は最高の文学だといわれているが、多くの人は、とはいっても難しいものだと思いがち。しかも、「旧約」は、古い教典のことだ...
  20. 三浦綾子 電子全集 新約聖書入門 ―心の糧を求める人へ 三浦綾子 電子全集 新約聖書入門 ―心の糧を求める人へ 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    540(税込)

    作品内容

    読んでみたいが、難しそうで読めないと思っている人たちにおすすめ、新約聖書の手引書。<br><br>「どんな人であっても、一生に一度や二度、うめくような悲しみや苦しみにあうことがあるのではないか。...