• OFF
  • ON
シークレットモード

マジソンズ 関連シリーズ一覧

116/全16

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 最低映画館・SF映画編 最低映画館・SF映画編 マジソンズシリーズ Vol.5 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    「SF映画」のまともな歴史を辿りつつ、その裏街道に立ち並ぶポンコツを覗き見する野心作。目玉がピンポン玉の宇宙人。ゴリラの着ぐるみのロボット・モンスター。こいつらが洞窟や野原をウロウロするだけなの...
  2. 殺人博物館 きちんと後始末 殺人博物館 きちんと後始末  マジソンズシリーズ Vol.13 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    うっかりして人を殺してしまったあなたのために、死体の処理法をお教えします。埋めるもよし、棄てるもよし、トランク詰めにするもよし。だけど、バラバラにするには相当の根気が必要だ。ならばいっそのこと酸...
  3. 殺人博物館 女でも殺す 殺人博物館 女でも殺す  マジソンズシリーズ Vol.12 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    「女でも殺す」とは随分失礼な物云いである。「そりゃ女だって殺すわい!」と田嶋先生に怒られるやも知れぬ。しかし、古代に遡れば、殺人などという野蛮な行為は男の専売特許だったのだ。女が殺人に手を染める...
  4. 殺人博物館 迷宮への招待 殺人博物館 迷宮への招待 マジソンズシリーズ Vol.10 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    1969年、既に5人を殺害していた連続殺人犯は、自らを「ゾディアック」と名乗り、不敵にも暗号文を新聞社に送りつけた。「この中に私の正体が隠されている」。彼はスクールバスを銃撃することも予告してい...
  5. 最低映画館・怪奇映画編 最低映画館・怪奇映画編 マジソンズシリーズ Vol.4 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    (前書きより)これから上映する映画はすべてが「B級映画」である。金さえ儲かればよい。客さえ入ればよい。後は野となれ山となれ。そんな遣らずぶったくりのヤクザな映画だ。しかし、今改めて観ると、不思議...
  6. 最低映画館・お色気映画編 最低映画館・お色気映画編 マジソンズシリーズ Vol.7 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    三度の飯よりもおっぱいが好き。そんなあなたは寄ってらっしゃい見てらっしゃい。「お色気映画」の見本市だよ。さて、ここでいう「お色気映画」とは「ことさらにお色気を売り物にした映画」をいう。それは映画...
  7. 殺人博物館 ありふれた事件 殺人博物館 ありふれた事件 マジソンズシリーズ Vol.15 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    324(税込)

    作品内容

    第1章「いいお父さんだったのに」。第2章「優しいお母さんだったのに」。第3章「気さくなおじさんだったのに」。第4章「可愛い奥さんだったのに」。第5章「火遊びはダメだと云ったのに」。第6章「頭がい...
  8. 殺人博物館 突飛なる事件の系譜 殺人博物館 突飛なる事件の系譜 マジソンズシリーズ Vol.9 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    1979年1月29日月曜日早朝、16歳のごく普通の高校生、ブレンダ・スペンサーは登校途中の小学生たちをライフルで銃撃し始めた。理由を訊かれた彼女は答えた。だって月曜日は退屈なのよ…。48歳の肥え...
  9. 殺人博物館 愛の劇場 殺人博物館 愛の劇場 マジソンズシリーズ Vol.8 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    殺人事件は面白い。不謹慎に思われるかも知れないが、面白いのだから仕方がない。どうして面白いのか? 人間の本性が垣間見られるからである。そこにはどろどろとした愛憎が渦巻いているのだ。今回はそんな愛...
  10. 奇妙な殺人博物館 奇妙な殺人博物館 マジソンズシリーズ Vol.1 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    母1人殺すために関係ない人を43人も殺しちゃったジョン・グレアム、息子を取り戻すために嫁を殺した鬼母エリザベス・ダンカン、死体を硫酸で溶かし、完全犯罪を企んだジョン・ジョージ・ヘイグ…。「事実は...
  11. 最低映画館・血みどろ映画編 最低映画館・血みどろ映画編 マジソンズシリーズ Vol.6 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    やっとこやっとこくりだした血みどろ映画だスプラッター。斧が、チェーンソーが、電動ドリルが、アセチレン・バーナーが、もしかしたらやっとこがまでもがスクリーンを真っ赤に染める。『サイコ』のノーマンも...
  12. 殺人博物館 シリアルキラーズ 殺人博物館 シリアルキラーズ マジソンズシリーズ Vol.14 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    ロバート・ハンセンは犠牲者を荒野に放ち、人間狩りに興じていた。フランク・スピサックはユダヤ人に女装趣味を笑われたことを根に持ち、ヒトラー信奉者となって街の「浄化」に打って出た。ペドロ・ロペスは3...
  13. 異常な殺人博物館 異常な殺人博物館 マジソンズシリーズ Vol.2 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    映画「羊たちの沈黙」のドクター・レクターのモデルとなったエド・ゲイン、愛人を殺して自分の子供に食べさせたアンナ・ツィメルマン、娘を料理して宴に出した仕出屋のリジー・ヒューズ…。本物のモンスターは...
  14. 不埒な殺人博物館 不埒な殺人博物館  マジソンズシリーズ Vol.3 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    最近、妙な犯罪が増えている。たとえば、殺人を心から楽しみ、プロフィールの趣味の欄に「殺人」と書くような、そんな不埒な輩による殺人事件である。 冒頭に「最近」と書いたが、実はこういった不埒な...
  15. 殺人博物館 ころしすぎ 殺人博物館 ころしすぎ マジソンズシリーズ Vol.11 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    324(税込)

    作品内容

    数えてみたら合計で1905人も死んでいた。いくらなんでも殺し過ぎである。本書ではそんな殺し過ぎの事例を紹介しよう。古くはエルンスト・ワグナーからチャールズ・ホイットマンやマンソン、人民寺院事件を...
  16. 殺人博物館 若気の至り 殺人博物館 若気の至り マジソンズシリーズ Vol.16 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    324(税込)

    作品内容

    人は若さゆえに過ちを犯す。その積み重なりが遂には殺人へと至る。そんな事例ばかりをあつめてはやし最上川。第1章「お金が欲しい」。第2章「ならず者に憧れて」。第3章「裏社会の煉獄」。第4章「痴情の果...