• OFF
  • ON
シークレットモード
近代食堂2024年6月号

近代食堂2024年6月号

作者: 旭屋出版近代食堂編集部

価格 1,650(税込)
獲得dポイント 15 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【特集】繁盛店に学ぶ メニュー改造・メニュー強化 成功の秘訣
ここ何年も続いている急激なコスト高騰は、飲食店に大きな影響を与えました。多くの店が値上げを行ない、メニューの見直し、商品構成の見直しを図ってきました。そうした中で、コストを抑えつつもお客が魅力を感じるポイントを上手に押さえたメニューを開発したり、新メニュー導入で改善を図ったり、ポーションや見せ方、付加価値の付け方でお客に喜ばれる価値を提供している店も多くあります。今の時代に売れる要素を取り入れてヒットを飛ばしている店もあります。本特集は、そうした繁盛店のメニュー改造・メニュー強化の取り組みを紹介。ブラッシュアップのやり方や、新メニュー開発の発想法などを通して、売れる・喜ばれるメニューを生み出すための秘訣を探ります。
【特集】M&A事業承継のリアル セルアウト・バイアウト・相続・再生のリアル
外食市場が成熟し、再編が活発になっています。人気店創業者によるセルアウト(店舗や会社譲渡)、外食事業者による他事業の積極的なM&A、老舗店や地方企業の事業承継、親から子への相続やLBOなど、M&Aおよび事業承継のあり方も多様化しています。そうした中、飲食店経営者にとって事業承継は、自社や店の新たな成長戦略を立てたり、事業と自身の出口(EXIT)を考えたり、買収した店舗の再生・進化を図ったりと、お店や会社の規模の大小に関係なく、また経営者自身の人生設計にも関わる大事な要素となっています。その点で、さまざまな事業承継のあり方、やり方の「リアル」を知ることは今後の経営判断にも非常に役立つはず。そこで本特集は、事業承継やM&Aに関わった飲食店経営者、専門家にインタビューし、事業承継やM&Aの考え方や進め方、そしてリアルな側面を明らかにしていきます。 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 雑誌
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 近代食堂 関連シリーズ > 近代食堂
電子版発売日 2024/07/05
紙の本発売日 2024/05/22 ( 2020年代 )
ページ数: P136
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

雑誌のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間