• OFF
  • ON
シークレットモード
ヨーロッパ社会思想史 新版

ヨーロッパ社会思想史 新版

作者: 山脇直司

価格 3,520(税込)
獲得dポイント 32 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

ロングセラー教科書、待望の復刊

古代・中世から近代、そして現代思想のダイナミックな流れを通してヨーロッパ社会の根源をとらえた名著、新組による待望の復刊。新たに本書刊行以降の社会思想の展開をまとめた「あとがき」を付し、今日のグローバルな課題に向き合うための視座を与える。


【主要目次】
新版の読者へ

はじめに

? 古代・中世

第一章 古代ギリシアの社会思想
1 ソフィストたちの社会思想
2 ソクラテスの挑戦と死
3 プラトンの国家論
4 アリストテレスの社会思想

第二章 古代末期と中世の社会思想
1 ストア学派の倫理・法思想
2 ヘブライズムと原始キリスト教
3 アウグスチヌスの「人間?社会」論
4 トマス・アクィナスの「人間?社会」論
5 中世後期の政治思想

? 近代

第三章 政治・宗教・自然観の転換
1 ルネサンス期の政治・社会思想
2 宗教改革の諸思想
3 近代自然科学の思想

第四章 社会契約思想
1 抵抗権・主権論・国際法
2 ホッブズのリヴァイアサン思想
3 ロックのリベラリズム思想
4  十八世紀フランスのリベラリズム
5 ルソーの近代文明批判と直接民主主義思想
6 スピノザ、ライプニッツ、カントの平和思想

第五章 市民(経済・産業)社会論
1 スミスの自由主義経済思想
2 フランス革命後の社会思想
3 初期社会主義思想
4 マルクスの社会革命思想

? 現代

第六章 理性的「人間‐世界」観への挑戦
1 ダーウィニズムと社会進化論
2 ニーチェとヨーロッパのニヒリズム
3 フロイトの「人間文化」論と精神分析

第七章 社会思想の二十世紀的展開
1 マルクス主義の発展と凋落
2 大衆社会論と批判的社会理論
3 社会思想の今日的課題

「社会思想の今日的課題」その後――あとがきにかえて
参考文献 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2024/03/08
紙の本発売日 2024/01/29 ( 2020年代 )
ページ数: P248
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間