• OFF
  • ON
シークレットモード
毎日がストレスフリーになる「自分ほめ」

毎日がストレスフリーになる「自分ほめ」

作者: 原邦雄

価格 1,540(税込)
獲得dポイント 14 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

自分と揺るぎない信頼関係を結べる人は
ストレスフリーな毎日になる
人からほめられたとき、あなたはどんな反応をしますか?

多くの人は、「いえいえ、そんなことはありません」と否定したり、「私なんて」と謙遜してしまったりしがちです。

「人はほめられるために生まれてきた」

けなされるために生まれてきた人なんて、一人もいません。
それぞれに長所があり、ほめられるために生きているのです。
それなのに、多くの日本人は「ほめ下手」ですし、「ほめられ下手」。
ほめることは、長所を伸ばします。
せっかく長所を伸ばすチャンスなのに、限られた人生で「ほめる」力を使わないなんて、もったいないことです。

そして、ほめることにはもう一つ、大きな力があります。
それは「人間関係の悩みを消してくれる」ということです。

他人をほめ、自分をほめる。
この繰り返しが自分を信じる力を生み、周りがどんどん自分の味方になり、気がつけば全員が自分の応援団になってくれているのです。

人間関係の悩みがすっと消え、たとえ悩みができても即解消できる、そして予防できるようになったら、人はどれだけストレスフリーになるでしょうか。
そのためにも 「ほめ下手」「ほめられ下手」から脱却してほしいのです。

人をほめることが苦手な人は少なくありません。
なぜなら家庭でも学校でも、人のほめ方を学ぶことはめったにないから。
ほめたいと思っても、気恥ずかしさからつい、回りくどい言い方になっていることもあるのではないでしょうか?

何かをマスターするには、スキルを学び、コツコツとトレーニングすることが大切。
そこでこの本では、「自分ほめカレンダー」を用意しました。
1日1ほめを実践すると、自然と自分ほめの習慣がつくようになっています。

自分との揺るぎない信頼関係が築けた人は、他人との信頼関係も築きやすくなります。



本書の目次
序章 自分の「レース」に集中すればストレスフリーな人生になる
引きこもりになって気づいた「ほめる力」
「レース」に没入すれば周りの雑音は気にならない
自分の役割を知って自分の道を歩いていけば悩みはなくなる
振り返れば、自分をほめる材料がいくらでも出てくる

第1章 人生が右肩上がりになっていく思考の習慣とは?
「ほめる」ことは人間関係の潤滑油
ありがとう探しをすることで頭一つ抜きん出る
人を直接ほめるのかば苦手ならいい噂を流せばいい
正論を言われて腹が立っても「ありがとう」で返す
人をほめることは脳科学的に自分をほめることと同じ
美点凝視と汚点凝視
まずは相手を肯定する
すべての人や出来事を自分の成長のために生かしていくという思考

第2章 がんばらないで長続きする「自分ほめ」7つの法則
一度自分をしっかりほめれば「ほめ」のエンジンが回り続ける
自分ほめのメリット
〔子育て〕受験を控えた娘にイライラしていたのが......
〔恋愛〕相手を好きになっては振られてしまう恋愛体質が......
〔夫婦関係〕経済的に恵まれていなかった子ども時代の経験が......
〔親子関係〕「私はお母さんのようにはならない」とがんばってきて......
〔ビジネス〕自分を手当てし始めるとお金が回り始め......
スタッフがいい循環に入ると会社全体が上昇気流に乗る
自分ほめが続く7つのコツ
[自分ほめが続く7つのコツ1]「振り返る」だけでもいい
[自分ほめが続く7つのコツ2]シンプルな言葉でいい
[自分ほめが続く7つのコツ3]まずは「1日1ほめ」でO
[自分ほめが続く7つのコツ4]どんな小さなことでもいい
[自分ほめが続く7つのコツ5]リラックスできる環境でほめる
[自分ほめが続く7つのコツ5]不平不満があれば、とにかく手放す
[自分ほめが続く7つのコツ5]自分にご褒美をあげる

第3章 「自分ほめカレンダー」で1日1ほめ
自分ほめカレンダーとは?
日常をほめて「気分を上げる」10日間
1 「自分ほめ」を始めたことをほめる
2 鏡を見て「ステキ!」という
3 遅刻しなかったことをほめる
4 朝、爽やかな挨拶をする
5 キビキビと歩いたことを褒める
6 後回しにしていたことをする
7 スキップして笑顔をつくる
8 体に良い食事を摂ってほめる
9 人のいいところを見つけてほめる
10 「いい日だった!」といって寝る
人生の経験をほめて「自己肯定感を高める」10日間
11 寝る前に1日の行動を思い出す
12 この1か月のがんばりを書く
13 この5年間のがんばりを書く
14 過去に我慢したことをほめる
15 うれしく思った言葉を思い出す
16 自分のすごさを認めてあげる
17 自分のステキさを認めてあげる
18 助けてくれた人を思い出す
19 自分の成長した部分をほめる
20 今、がんばっていることを書く
将来につながる行動をほめて「幸せを引き寄せる」10日間
21 悩みをすべて書き出す
22 今日やりたいことを書き出
23 90日以内にやりたいことをリスト化
24 夢を箇条書きにして見つめる
25 夢に向かって一歩踏み出す
26 最終目標「○○になる!」という
27 夢を叶えた自分を想像してほめる
28 座右の銘を書く
29 邪魔するものを想定内とする
30 実行したことをベタぼめする
自分ほめ月報

第4章 あなたかが本当にやりたいことを目標に掲げよう
人は潜在的に自分をほめたいと思っている
目標を立てるためのドリームボード
私のドリームボード体験――トライアスロン
知識を入れるだけで行動できる
段取りがすべて
先達の重要性
誰に喜んでもらいたいのか?
ちょっとしたお祝いを大切に

第5章 自己肯定感やモチベーションが高くなくても大丈夫
エモーション(感情)は、モーション(体の動き)か
未来年表をつくる
「自分ほめリスト」に行動を落とし込む
自分ほめリストを毎日見るだけ
ミッションシートを使って未来のゴールを自分のなかに刻んでみる
未来の予定は潜在意識にお任せ
前日のたすきを翌日に受け渡す
わらしべ長者でいこう + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2023/04/13
紙の本発売日 2021/09/25 ( 2020年代 )
ページ数: P189
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間