• OFF
  • ON
シークレットモード
現代アメリカ社会のレイシズム

現代アメリカ社会のレイシズム

作者: 伊達雅彦 / 広瀬佳司

価格 2,860(税込)
獲得dポイント 26 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

ユダヤ系の作家の中には、ホロコーストや様々な差別や暴力を直接的に経験し、
レイシズムに対し激しい憤りを抱く作家が少なくない。
事実、ユダヤ人は差別への反対運動でも中心的な役割を演じてきた。人種差別
だけではなく、歴史的にフェミニズム運動でも先導的な仕事を果たしてきたのも
ユダヤ系アメリカ人である。
本書では、そんなアメリカのユダヤ系作家を中心に、
これまでにあまり扱われていない作家や作品も取り上げて、様々な視点から
現代アメリカのレイシズムを考察する。

【コンテンツ】
第1章  エリ・ヴィーゼル『ゾンダーバーグ裁判』
                  ─〈他者性〉を求めて(広瀬佳司)
第2章  対立の果て─『犠牲者』(佐川和茂)
第3章  ソール・ベローのブレイクスルー─レイシズムを超える
         『オーギー・マーチの冒険』のケアの倫理(井上亜紗)
第4章  アーサー・ミラーの『焦点』における差別の構造(鈴木久博)
第5章  初期ロス作品に見られる人種意識(坂野明子)
第6章  フィリップ・ロスはアメリカの人種問題をどのように描いたか
             ─「アメリカ三部作」を中心に(杉澤怜維子)
第7章  ポール・オースターの描く他民族社会における他者との共生
     ─『ミスター・ヴァーティゴ』と『スモーク』を中心に(内山加奈枝)
第8章  ジュリアス・レスターの改宗─黒人ユダヤ人へ(大森夕夏)
第9章  ジューイッシュ・クランズマンの不可視性と人種的両義性
     ─『ブラック・クランズマン』におけるサイドストーリー(中村善雄)
第10章 被差別者としての確執と融和─アメリカ映画に見るユダヤ系と
                     アイルランド系表象(伊達雅彦) + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2022/12/09
紙の本発売日 2022/03/29 ( 2020年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間