• OFF
  • ON
シークレットモード
魔法のほね

魔法のほね

作者: 安田登

価格 1,760(税込)
獲得dポイント 16 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

《いとうせいこうさん、推薦! 》
「心」のなかった古代にまで飛んでゆく少年少女たちの冒険。
エンデが読んだらきっと喜んだだろう。
私たちエンデの子供たちも、読めばそのわけがよくわかる。

--------------------------------------

《著者初となるファンタジー小説!》

小学5年生のたつきは、ある日、迷い込んだ町で「見捨てられた店」という不思議な骨とう店を見つける。

そこで手にした「オラクル・ボーン」(魔法のほね)は、3300年以上前の古代文字が刻まれた、未来を予知するものだった!

祖父の助けを借りながら読み解くうちに、そこには、生贄にされる羌族(きょうぞく)のことが記されているとわかる。

たつきは友だちふたりとともに、古代中国へタイムスリップ!
三人は力を合わせて羌族の人たちを助けようとするが……。

--------------------------------------

不安になるということは、何かを変えなければならないというメッセージなんだ。
死にたくなるほど不安になるということは、それだけ大きな変化がこれから起こるという予兆なんだよ。


〈人一倍弱虫だった少年が、試練を克服することで強くなる〉


イラスト:中川学

--------------------------------------

【目次】
1 見捨てられた店
2 オルオルじぃじ登場
3 魔法のほねの数字を解読する
4 なんだ! 算数なんて簡単だ
5 茶々丸登場
6 霊獣たちの出現
7 風の声を聞く
8 羌の人たちのこと
9 四つの文字を教わる
10 残りの二文字のうち、最初の文字の解読
11 羌の人たちの歴史を教わる
12 「心」という文字に笑ってしまう ?
13 羌の人たちのことを夢に見る
14 魔法のほねの解読成功
15 見捨てられた店を探す
16 目を覚ましたら殷の時代に
17 殷の女王と王に会う
18 まずい約束をしてしまった
19 いのしし王亥を鎮める
20 魔法の本・漢和辞典
21 白虎とまたたび
22 龍、風になる
23 幸せをもたらす朱雀
24 婦好・武丁との別れ
25 羌の人たちと「心」
26 帰還

-------------------------------------- + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > SF・ファンタジー
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2022/06/10
紙の本発売日 2022/05/25 ( 2020年代 )
ページ数: P224
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

SF・ファンタジーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間