• OFF
  • ON
シークレットモード
日本の呪術

日本の呪術

作者: 繁田信一

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※本書はリフロー型の電子書籍です。ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【なぜ「呪い」は人を惹きつけるのか。歴史民俗学者が考察する呪術の系譜】

空海VS修円、安倍晴明VS式神

平安時代、貴族たちの望みをかなえるために存在した法師陰陽師。呪詛と呪術に生きた彼らは、どのような人々だったのか。歴史の闇に隠された呪いあう貴族の生々しい怨念とは何だったのか。平安時代の人々が頼った呪詛や呪術、法師陰陽師の役割から密教、天狗などさまざまな呪術者と呪術の系譜を解説。
かつての陰陽師ブームから、漫画『呪術廻戦』などフィクションにおける「呪い」の魅力を歴史民族学者が考察。

〈本書の構成〉
第1章 陰陽師の呪詛
第2章 呪詛を請け負う法師陰陽師
第3章 密教僧の呪詛
第4章 怨霊・悪霊になった密教僧
第5章 巫と法師陰陽師
第6章 奇妙な呪術者たちの奇怪な呪術
第7章 呪術の魅力

〈本書の内容〉
・安倍晴明の操る式神
・目的を果たせなかった式神の行方
・法師陰陽師の収入
・弘法大師による呪殺
・僧侶たちの目標だった空飛ぶ仙人
・人狗、天狗を祀る呪術者 ほか

〈著者コメント〉
フィクションの世界のものと見られがちな呪術であるが、日本の歴史を振り返るとき、間違いなくそこには頻繁に呪術が登場するのである。
思いをかたちにする技術の一つとしての呪術は、紛れもなく日本史の重要な小道具の一つといえる。
呪術のない日本史も、呪術師のいない日本史も決して、日本の正しい歴史ではありえない。

〈著者プロフィール〉
繁田信一(しげた・しんいち)
1968年、東京都生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了。現在、神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員、東海大学文学部非常勤講師。専攻は歴史民俗資料学。 著書に『殴り合う貴族たち』『王朝貴族の悪だくみ』(以上、柏書房)、『天皇たちの孤独』『庶民たちの平安京』(以上、角川学芸出版)、『陰陽師と貴族社会』『平安貴族と陰陽師』『安倍晴明』『呪いの都 平安京』(以上、吉川弘文館)、『陰陽師』(中央公論新社)『王朝貴族のおまじない』(ビイング・ネット・プレス)などがある。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2022/04/29
紙の本発売日 2021/10/06 ( 2020年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』
  • 新書館、大洋図書、フロンティアワークス、リブレ ボーイs フェスタ2022夏 第4週【BL小説 イッキ読み特集】 6/30まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間