• OFF
  • ON
シークレットモード
農業フロンティア 越境するネクストファーマーズ

農業フロンティア 越境するネクストファーマーズ

作者: 川内イオ

価格 950(税込)
獲得ぷららポイント 9 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

【『里山資本主義』著者 藻谷浩介氏推奨 「土壌と気候に恵まれた日本にこそ世界の農の未来がある。君も「越境」せよ!」】
衰退産業の象徴的存在として挙げられる日本の「農業」。
しかし、従来の農業の常識、日本という国の枠に捉われず、固定概念を打ち破って農業界に新風を吹き込んでいる人材がが出てきている。
カンボジアで「世界一おいしい胡椒」を復活させた日本人、
ブータンに循環式農法を「輸出した」農家がいるかと思えば、
フランスで「ワイン造りの天才」と「称された醸造家が佐渡島でナチュラルワイン造りに挑戦、
ネパール人仏絵師が富山で農園を継承、エゴマつくりで成果を挙げたりと、
前作『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』以上にパワフル。

今回のテーマは「越境」。
国を越え。専門を越え(NASAで宇宙植物工場の研究をしていた女性が新流通システムや農業用ロボットを次々開発する、など)、しがらみにとらわれず、新しい試みで成果を挙げている姿は、この国の新しい生き方をも示唆している。
全10本の緻密な取材から、ニッポンの「農業フロンティア」が分かる!

●目次●
・東大発NASA経由「やさいバス」と農業ロボット
・素人集団を率いて「美容トマト」で売り上げ1億円超えへ
・沖縄養鶏家にブータンからのラブコール
・ロシア生まれのスーパーイエバエで肥料・飼料が変わる!
・コロナ禍での挑戦 食用バラから消毒スプレーへ
・「世界一おいしい」カンボジア胡椒を復活させた日本人
・海外から人を引き寄せる「お茶ツーリズム」
・フランス人天才醸造家が佐渡でワイン造り ほか+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 文春新書
シリーズ
電子版発売日 2021/10/20
紙の本発売日 2021/10/20 ( 2020年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

農業フロンティア 越境するネクストファーマーズのレビュー

5.0
評価数 : 1
5
1
4
0
0件
3
0
0件
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

文春新書の関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間