• OFF
  • ON
シークレットモード
自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ

自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ

作者: 齋藤雅俊

価格 2,200(税込)
獲得ぷららポイント 22 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

長いことテレビ報道の第一線で社会問題に対面しつづけた著者は、現在のコロナウイルスに見舞われた日本人の心理的対応のなかに隠された怖さを見出す。パリ支局長時代に経験したイラク人質事件に見られた日本人の「自己責任」という名の官民あげての暴力的なバッシングは、世界の目からは異常な日本人の心性として目に余るものと見られた。海外でそうした批判や疑問を身近に目撃した著者は、「同調圧力」「自粛警察」などのいまにいたるも変わることのない日本人の精神的な抑圧構造を見抜いている。日本人とは何かを根底から問う警世・警告の書。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2021/10/15
紙の本発売日 2020/08/31 ( 2020年代 )
ページ数: P226
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さのレビュー

4.0
評価数 : 1
5
0
0件
4
1
3
0
0件
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間