• OFF
  • ON
シークレットモード
まんが訳 稲生物怪録

まんが訳 稲生物怪録

作者: 大塚英志 / 山本忠宏

価格 935(税込)
獲得ぷららポイント 9 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

時は江戸、寛延2年。備後国三次の武家の子息で、16歳の稲生平太郎は、肝試しのため比熊山に入った。その山にある「天狗杉」に触れると、物怪の祟りがあるという。果たして山を下りた平太郎の住む屋敷を、一カ月にわたって様々な怪異が襲う──。じわりと怖い、でもどこかユーモラス。江戸時代に実話として流布し、泉鏡花や水木しげるも愛した怪談「稲生物怪録(いのうもののけろく)」を、まんがで楽しむ。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > SF・ファンタジー
掲載雑誌
レーベル名 ちくま新書
シリーズ
電子版発売日 2021/10/15
紙の本発売日 2021/10/07 ( 2020年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

作者の他作品

ちくま新書の関連作品

SF・ファンタジーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間