• OFF
  • ON
シークレットモード
GHQ焚書図書開封6 日米開戦前夜

GHQ焚書図書開封6 日米開戦前夜

作者: 西尾幹二

価格 990(税込)
獲得dポイント 9 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

作品内容

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

戦前・戦中に刊行された書籍の実に7000冊以上が、戦後GHQの命令で焚書された。
その貴重な歴史的史料を紐解き、戦後の歴史観から消しさられた、
戦前の日本人の認識(常識)をを明らかにする好評シリーズ第6弾。

当時の日本人は日米戦争が現実に起こるとは誰も思っていなかった。
それが、なぜ・・・。
本書は、GHQにより没収・封印された『日米戦う可きか』『アメリカの実力』『英米包囲陣と日本の進路』『大東亜戦争の発火点』(昭和8~17年刊)他から、
ジャーナリストや駐米大使などがアメリカの実力をどのように見ていたか、
当時の国際情勢の中の日本の立場をどのように判断していたか、を浮き彫りにする。(解説・渡辺惣樹) + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 徳間文庫カレッジ
シリーズ GHQ焚書図書開封 関連シリーズ > GHQ焚書図書開封
電子版発売日 2021/08/15
紙の本発売日 2016/08/15 ( 2010年代 )
ページ数: P524
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

徳間文庫カレッジの関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間