• OFF
  • ON
シークレットモード
  • BLアワード:ノミネート 2/6まで
これからのお金のつかみ方

これからのお金のつかみ方

作者: 増田裕介

価格 1,430(税込)
獲得ぷららポイント 14 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


金融庁認定の機関投資家がコロナ時代に億を稼ぐための実践的なハウツーを解説! あなたもゼロからスタート可能

コロナショックで大半の企業が打撃を受けている中で、
今の会社、ビジネスにしがみついたままでいいのか? 
また、リストラ、倒産などから今後、多くの失業者が出ると予想されます。

この環境に対応するには、新たに自分のビジネスをつくり、育て、
さらにそのビジネスを売却し個人資産をつくる技術を持つことが
ひとつの大きな選択肢です。

会社をどのように立ち上げて、どう利益を出すのか? 
そしてその会社を売却して億単位のお金をつかむ方法を解説します。

2020年1月には個人投資家として10億円以上の投資残高がないと認定されない、
適格機関投資家に金融庁から認定された著者の実体験から
具体的かつ再現可能なメソッドです。


増田 裕介(マスダユウスケ):神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒。大学在学中の2001年株式会社MYFRONTIERを創業。大学受験予備校「増田塾」を全国47教室直営で展開。述べ5万人におよぶ受験生を指導。2017年Z会グループにバイアウト。自身は増田塾会長に就任。26 歳時にパートナーと共に米国で PR 会社を立ち上げ、1 年後に米最大手の PR 会社と業務提携し、2017 年度にはグループ全体で売上 500 億の会社に育てる。2017年3月、内閣府からの認定をうけ公益財団日本教育文化財団を公益法改正後最年少で設立し代表理事に就任。2003年以降、投資家として様々な会社に出資。2020年1月には個人投資家として10億円以上の投資残高がないと認定されない、適格機関投資家に金融庁から認定される。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2021/07/09
紙の本発売日 2021/03/10 ( 2020年代 )
ページ数: P208
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間