• OFF
  • ON
シークレットモード
閉じ込められた女

閉じ込められた女

作者: 吉田薫 / ラグナル・ヨナソン

価格 1,056(税込)
獲得ぷららポイント 10 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

映像化! 女性警部フルダ・シリーズ完結編。

本シリーズの第1作『闇という名の娘』(英題:The Darkness)の映像化が進んでいる。第1作は「翻訳ミステリー大賞シンジケート」の月別ベストを始め、多くの書評家に取り上げられ、第2作はミステリ作家の阿津川辰海氏など、日本の作家たちにも注目されている。
本国アイスランドや英米で人気を誇る女性警部フルダ・シリーズ、ファン待望の完結編!

真冬のアイスランド高原地帯。猛吹雪が襲う人里離れた農場に、一人の男が訪ねてくる。農場主の夫妻は、あり得ない天候の下での来訪を不審に思うものの、男を招き入れる。男はレオと名乗り、ハンティング中に仲間とはぐれたと言った。
やがて男は、夫婦の隙を見て家の中を探り始めた。
真冬にハンティングに来たという男の言い分がそもそもおかしかった。夫のエイナールが男の荷物を調べると、多額の現金とナイフが見つかる。疑念と怒りを抱いたエイナールはナイフを手にレオと対峙する。
妻のエルラは恐怖にかられて母屋を飛び出し、地下室へと逃げ込んだ。しかし、そこで待っていたのは底知れぬ闇と、永遠に続くかと思われる時間だった。

その頃、レイキャヴィーク警察の女性警部フルダは、若い女性の失踪事件を追っていた。
男優位の警察社会で自分の能力を示す必要があった。
一方、娘のディンマがフルダに心を閉ざしている様子なのが気がかりだった。家族の中で、思わぬ悲劇が進んでいた。

名うての書評家たちから絶賛された第1作『闇という名の娘』から、シリーズを追う毎に時間が遡っていくユニークな構成。最新第3作は、第1作で孤独な死を迎えたフルダの身に何が起こっていたかが、ついに明かされます。
警察小説としてだけでなく、女性刑事の人生を描く人間ドラマとしても読み応えのある本シリーズ。本作が手始めでももちろん可。ぜひご一読ください!

(底本 2021年7月発行作品)+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > ミステリー
掲載雑誌
レーベル名 小学館文庫
シリーズ フルダ 関連シリーズ > フルダ
電子版発売日 2021/07/06
紙の本発売日 2021/07/11 ( 2020年代2010年代 )
ページ数: P336
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

閉じ込められた女のレビュー

4.0
評価数 : 4
5
1
4
2
3
1
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

関連シリーズ

小学館文庫の関連作品

ミステリーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間