• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 祝・ひかりTVブック9周年キャンペーン第一弾 60%OFFクーポン 10/29まで
ホワイト・ティース(上下合本)

ホワイト・ティース(上下合本)

作者: 小竹由美子 / ゼイディー・スミス

価格 2,750(税込)
獲得ぷららポイント 27 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

ロンドン下町出身の優柔不断な中年男・アーチーと、バングラデシュ出身の誇り高きムスリム・サマード。第二次大戦で親友になったふたりは、ロンドンで新たな人生を模索する。
成長したアーチーの娘・アイリーとサマードの双子の息子・ミラトとマジドは、遺伝子工学者のチャルフェン一家と関わり、生命倫理にふれる研究をめぐる問題の渦中へ……。

移民家族が直面する悲喜劇を知的でユーモラスに描く、ジャマイカ系イギリス人作家の衝撃作。カリブ海やインド亜大陸からヨーロッパにわたる壮大な家族の物語を背景に、歴史、信条、遺伝子などさまざまな差異を抱えて混沌の街ロンドンで生きる人々を描く。分断と混沌の深まる時代に希望の光を放つ、21世紀の必読書


ブレイディみかこさん推薦!
「この本、いちおう社会派で、すでに古典と呼ばれているんです。
こんなにヤバくて笑えてぶっ飛んでるのに。
繚乱と咲く、移民たちのサーガ! ストリートの歴史はなんと猥雑でカオスなことか。
多文化共生の諸問題をごった煮にしておおらかに笑い飛ばす、才気煥発な本である。」


西加奈子さん推薦!
「これはすべての呪われた、そして祝福された人間の物語だ。
きっと100年後も、200年後も読み継がれるだろう。
人間がどうしようもなく、抗い難く、救い難く、人間でしかないことを、こんなに面白おかしく、鮮やかに、完璧に書かれた小説がこの世界に存在することに感謝したい。
20年前に誕生したこの傑作を、これから初めて読むことが出来る人に嫉妬する。そう思っていたけれど、何度目だって衝撃は変わらなかった。いや、増した。著者が描いたこの世界に、私たちは近づけているのだろうか。」+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 中公文庫
シリーズ ホワイト・ティース 関連シリーズ > ホワイト・ティース(上下合本)
電子版発売日 2021/06/23
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ぷらら 周年キャンペーン第一弾 最大80,000pt還元 10/29まで
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

中公文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間