• OFF
  • ON
シークレットモード
金融自由化

金融自由化

作者: 蝋山昌一

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、今日の金融自由化にまつわるすべての政策課題を網羅的に取り上げてはいない。体系的でもない。所々、重複が見られる。また、金融自由化が行きつく先で経済がどういう影響を受けるかといった問題は、全くふれていない。こうした点で、本書は荒削りである。金融の歴史のうえで類稀な激動期に直面しながら、私が問題の大きさに翻弄されていることは否めない。これについては、これからも着実に観察を続け、分析し、考えをまとめていくしか、解決の道はなさそうである。本書を一つの跳躍台として、より完成された結果をめざして、作業を継続させていきたい。その意味で、本書はあくまでも私の「金融自由化序説」である。(「はしがき」より)
目次(詳細略)
はしがき
I 金融自由化とその政策
 第一章 金融自由化のあらすじ/1 はじめに/2 円建BA市場の不振と大口預金金利自由化問題/3 これまでの金融自由化
 第二章 金融システムの変化をどうみるか/1 二つの「コクサイ化」と「市場型化」/2 これまでの日本の金融の特殊性/3 金融システムの近年の変化/4 「市場型化」する金融システム
 第三章 金融機関経営と金融行政の基本課題/1 「制度の産物」からの脱却が必要/2 高度成長下での金融機関/3 環境変化への適応/4 金融機関の将来と金融行政
 第四章 金融自由化の論理/1 金融革新とは/2 金融自由化と金融行政/3 金融革新の誘因/4 金融革新の発生と波及/5 国際化とエレクトロニクス化について
 第五章 金融の国際化と金融サービス業の新展開/1 問題の所在/2 金融システムの国際化/3 金融サービス業はなぜ国際的に進出するのか/4 昭和五人〜五九年の日米金融交渉の背景
 第六章 小口預貯金金利と信用秩序維持/1 個人貯蓄と小口預貯金金利/2 小口預貯金金利と金融機関経営/3 金融機関経営と信用秩序維持
 第七章 公的金融の経済分析/1 金融の分野での公共部門/2 公的金融仲介過程の骨格と組織のあり方/3 公的金融仲介活動の効果/4 おわりに
 第八章 金融構造の変化の下での郵貯/1 公的金融の役割についての基本的考え方/2 今日の日本における公的金融の役割評価/3 公的金融の制度的・組織的問題点
 第九章 株式先物取引導入の条件をさぐる
 第一○章 「TB市場」の充実を/1 能動的行動政策はなぜ必要か/2 協調介入の限界/3 柱を欠く自由化/4 金融取引の“原器”づくりを/5 政治と経済の論理
? 金融制度分析の視点(詳細略)
 第一一章 「間接金融支配」をめぐって
 第一二章 金融システムの日米比較
参考文献
初出一覧+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ UP選書 関連シリーズ > 金融自由化
電子版発売日 2021/06/11
紙の本発売日 1986/09/01 ( 1980年代 )
ページ数: P270
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間