• OFF
  • ON
シークレットモード
リスクテイクの経済学――気鋭の学者と現場で探る、賢いリスクの選び方

リスクテイクの経済学――気鋭の学者と現場で探る、賢いリスクの選び方

作者: アリソン・シュレーガー

価格 1,760(税込)
獲得ぷららポイント 17 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

実例をベースに、リスクの取り方の原則を提示

ビジネスや投資で避けて通れない「リスク」。その本質や正しいマネジメント法について、経済学者アリソン・シュレーガーが社会の現場で探るのが本書の目的だ。
人はみな、日々、大小さまざまなリスクを取っていて、どんなに注意深くてもリスクから逃げることはできない。そこで問題となるのは、リスクを取るかどうかではなく、どのリスクをどう取るか。そうしたリスクを比較・計測し、求めるものを手にいれられる可能性を最大化する方法だ。

シュレーガーは、人々がリスクをどのように管理しているのかについての研究でキャリアを積んできた異色の経済学者である。本書では株式市場や金融機関から離れた場で遭遇した現実の、しかし特殊な世界と、そこで学んだリスクについて語ってくれる。

本書では、特徴的で興味深いリスクを取る危険を顧みない人々に取材。

・「ノーリスク・ノーリターン」を地で行く、パパラッチ
・高額の勝負では「自分は理性的ではなく、そのことを自覚している」と自分に言い聞かせる、ポーカープレーヤー
・飼育する馬の遺伝的特性を多様化して損失を最小限に抑え、リスクに対して最大の見返りを得る術を知る、競走馬のブリーダー
・想定外の事態が発生することを知り、予見できないことに備える、陸軍の将軍
・可能な対策を講じて危険を減らしながら、25メートルの波を乗り切る、サーファー ほか多数のエピソードから、リスクに対処するための5つの原則を読者に提供してくれる。

この原則を参考に、リスクを伴う決断を進めることができれば、ビジネスや投資のあらゆる状況においてアップサイド(利益の可能性)を増やし、ダウンサイド(損失可能性)を削減できるだろう。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ フェニックスシリーズ 関連シリーズ > リスクテイクの経済学
電子版発売日 2021/06/11
紙の本発売日 2020/07/10 ( 2020年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間