• OFF
  • ON
シークレットモード
日本文学の近代と反近代

日本文学の近代と反近代

作者: 三好行雄

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

時代の背景を特徴的に示す挿話で綴った巧みな近代文学史ともいうべき「近代文学の諸相」を中心に,明治以来の作家たちの主調低音となった〈反近代〉の精神の系譜を鋭利に探ってみせた諸篇を収める. UP選書105
 目次
近代文学の諸相――谷崎潤一郎を視点として――
 *
日本の近代化と文学
反近代の系譜
漱石の反近代
詩的近代の成立――光太郎と茂吉――
 *
白樺派の青春
芥川龍之介の死とその時代
 *
私小説の動向
 あとがき+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ UP選書 関連シリーズ > 日本文学の近代と反近代
電子版発売日 2021/06/11
紙の本発売日 1972/10/01 ( 1970年代 )
ページ数: P270
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間