• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら 進撃の巨人最終34巻配信記念まとめ買いキャンペーン 6/23まで
くすり公害
NEW

くすり公害

作者: 高橋晄正

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

いま、荒れはてた自然的、社会的環境のなかに立って、わたくしは、これまで自分のやってきたことがまさしく″くすり公害″との闘争であったことを知ったのである。ここ一〇年のあいだ、わたくしは薬をもって病人に働きかけるということの意味を問い、それがほんとうに有効であることをどのようにして知るかについて考え、それを妨げているものとの闘争に明け暮れてきた。いま、その間に薬をめぐって書いたものを並べてみると、いつの間にか一つの体系をなしているのに驚かされる。その一つひとつの文章は、それぞれ独自の環境のもとに生み出されたものであり、ことばに硬軟があり、姿勢に高低があって不揃いであるのはやむをえない。それらを小節ごとにパラバラに分解した上で改めて編集しなおしたのが本書である。(「はじめに」より)
目次
第四刷にあたって
はじめに
I くすり・ヘドロ
 人体のヘドロ化―薬使用量一三年間で七倍/ 薬は?異物?―生体のパランス崩す/ 薬の効用―本来は自然治癒を補助/ 薬効の人体実験―宇宙飛行士なみの冒険/ 虚構の薬効―危険な?保健薬信仰?/ 薬は両刀の剣―化学物質は?薬理性?に乗って/ わが国の薬事情―欧米との比較/ 付 くすりの使い方
? 薬石効なく
 ビタミン―B1欠乏症は過去の迷信/ 新型B1アリナミンとそのなかま―?活性??持続性?は虚構/ 疲労回復の効果―?新型B1?より?睡眠?/ 新型B1の適応症―神経痛に効果不明/ ビタミンC―日本人にはC欠乏症なし/ 夏バテと薬―むしろ肉・うなぎ/ 総合ビタミン剤―普通の食事ですべて充実/ 栄養剤―健康な人間には?浪費?/ グルクロン酸―毒消し効果は皆無/ チオクタン―実は肝臓毒/ 抗生物質―寿命縮める乱用/ 鎮静剤イソミン―手足の奇形児産む/ 不老長寿の薬―栄養と生活が第一/ 薬物アレルギー―薬の生産量と比例ほか/ ある心臓薬―その背後にあるもの/ 漢方ことはじめ―古代中国人の偉大さ/ 漢方は効くか―貴重な伝承仮説/ 物理療法学の視点―科学としての再建のために/ 効なき薬石の功罪―近づく最後の審判/ 医療の原罪―救いはどこに/ 付1 アリナミンと対決せざるの記/ 2 あるサリドマイド論争
? くすり公害を作るもの
 行政告発―人間不在の薬務行政/ 人間告発1―飼育される医学者/ 人間告発2―薬をひさぐ医師像/ 人間告発3―医薬分業の虚像性/ 学会告発―「虚構の殿堂」の司祭たち/ 企業告発1―欺瞞の上の繁栄/ 企業告発2―広告は信用できるか
? くすり・ヘドロからの脱出――われらに二一世紀はあるか――
索引+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ UP選書 関連シリーズ > くすり公害
電子版発売日 2021/06/11
紙の本発売日 1971/03/01 ( 1970年代 )
ページ数: P340
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 5話配信

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間