• OFF
  • ON
シークレットモード
内村鑑三とともに 上

内村鑑三とともに 上

作者: 矢内原忠雄

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

父・矢内原忠雄は存命中、内村鑑三記念講演会で行なった講演を集めて一書とし、東京大学出版会から出版する意図をもっていた。しかし、三十年間全部そろっているところが値打ちだと言っただけで、具体的プランも示さないまま、一九六一年十二月二十五日に天に召された。その後、東京大学出版会はなお出版の希望を示されたので、自宅を調べてみたがこのために原稿が一カ所にまとまっているということもなかった。そこで諸資料によリリストを作成してみたところ、すでに活字になって公表されているもののほかに、未発表のものもあることがわかった。
 著者の意図が、既発表のものだけを集めるものか、それとも未発表のものも含めるのか、また排列の順序もわからないのであるが、ここでは入手できるものはすべて、講演の行なわれた時代順に収めることにした。(中略)序にかえて―― 「内村鑑三先生と私」は講演ではなく、著者の個人雑誌『嘉信』の巻頭短言の一つであるが、私が序にあてたもので、著者の指示によるものではない。2 「悲哀の人」と6 「内村鑑三論」は講演そのものではなく、講演にもとづく論文である。3 「人は何のために生くるか」はビリピ書についての三回の講演の第三講であるが、内村鑑三先生満九周年記念講演としてなされた。・3 「自由と独立」、15 「新日本の定礎」、19 「教育と宗教」、2。「内村鑑三とシュワィツァー」の四篇は未発表であるが、籾山民子氏による速記がそのままの形で保存されていた。著者は速記をもとにして原稿を作る場合かならず自分で手を入れており、速記そのものを活字にすることを許さなかった。この本に載せたものは、速記に私が手を入れ、章をわけたものである。籾山氏は著者の講義・講演を専門的に速記していたので、その速記はきわめて忠実である。私は表現を整理し、明瞭な著者のあやまり(記憶ちがい)を訂正するだけにし、論旨を損なわないように努めたつもりであるが、もちろん文責はすべて私にある。なお20「内村鑑三とシュフィツァー」の末尾は失なわれていたが、そのままにした。その他の既発表のものについても、著者のあやまり、誤植などはできるだけ訂正し、引用は出所を注記した。本書はその上巻。
目次
序にかえて――内村鑑三先生と私
一 内村先生対社会主義
二 悲哀の人
三 人は何のために生くるか
四 後世への最大遺物
五 前十年と後十年
六 内村鑑三論
七 ハガイ書を読みて内村先生以後の無教会主義に及ぶ
八 内村鑑三の十の戦い
九 無教会早わかり
十 人の復活と国の復活
十一 キリスト教会と共産党
十二 自由と寛容
十三 自由と独立
十四 日本のゆくえ+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ UP選書 関連シリーズ > 内村鑑三とともに
電子版発売日 2021/06/11
紙の本発売日 1969/06/01 ( 1960年代 )
ページ数: P280
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間