• OFF
  • ON
シークレットモード
父・福田恆存

父・福田恆存

作者: 福田逸

価格 1,500(税込)
獲得ぷららポイント 15 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

戦後を代表する評論家・福田恆存、その最後の日々――

父・福田恆存と「友達」のように仲が良かった著者は、その影響で演劇の道に進む。
やがて病に倒れ老いゆく父と確執を抱え、悩み、父の名を穢すまいと引導を渡す……。
遺された手紙を紐解き、「鉢木會」での大岡昇平、中村光夫、吉田健一、三島由紀夫らとの交友、
家族への情愛、長く苦しい父子の葛藤を、懐古と悔恨を込めて描く追想記。
(解説・浜崎洋介)

※この電子書籍は2017年7月に文藝春秋より刊行された単行本を加筆修正した文庫版を底本としています。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 文春学藝ライブラリー
シリーズ
電子版発売日 2021/06/08
紙の本発売日 2021/06/08 ( 2020年代 )
ページ数: P352
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

文春学藝ライブラリーの関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間