• OFF
  • ON
シークレットモード
パンデミック以後 米中激突と日本の最終選択

パンデミック以後 米中激突と日本の最終選択

作者: エマニュエル・トッド / 大野博人 / 笠井哲也 / 高久潤

価格 660(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

新型コロナは国家の衝突と教育階層の分断を決定的なものにした。社会格差と宗教対立も深刻で、トランプ退場後もグローバルな地殻変動は続く。中国の覇権も勢いづく。日本はこの危機とどう向き合えばよいか。世界と人類の大転換を現代最高の知性が読み解く。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 朝日新書
シリーズ
電子版発売日 2021/02/12
紙の本発売日 2021/02/12 ( 2020年代 )
ページ数: P200
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

パンデミック以後 米中激突と日本の最終選択のレビュー

3.5
評価数 : 2
5
0
0件
4
1
3
1
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

朝日新書の関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間