• OFF
  • ON
シークレットモード
誰が日本に罪を着せたのか

誰が日本に罪を着せたのか

作者: 平山修

価格 1,210(税込)
獲得ぷららポイント 12 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

著者は、17歳で終戦を迎えた。戦中から終戦直後の激動の中、時代の空気を吸い、当時の日本社会やマスメディアの報道、そして日本の人々を肌身で知っていた。南京虐殺や従軍慰安婦などということは、当時は全く話題にならなかったのだ。
戦後、GHQにより、日本軍の残虐行為が宣伝され、日本人の多くが洗脳された。そして、戦後70年以上経ってもまだ、日本人の多くはその洗脳から脱け出せておらず、このままでは、中韓が主張する捏造が、歴史の事実として定着してしまうことを著者は危惧している。
だからこそ、戦中・戦後を生きた人間の責務として、この本を企画した、と著者は述べている。
著者は、癌と闘いながら本書を執筆した。そして、擱筆後、2016年8月に逝去。持てる力を振り絞って書いた、日本人に対する遺言である。
日本に着せられた汚名を返上し、名誉を回復するためには、日本人自身が正しい歴史を知り、誤った日本非難に反論していくしかない。
日本に着せられた汚名を返上するために、日本人一人一人に読んでほしい本。

著者:平山 修(ひらやま おさむ)
1928年7月 岡山県生まれ。
1945年8月 17歳で終戦を迎える。
1952年3月 京都大学農学部農林化学科卒業
1969年4月~島根大学農学部教授
1991年4月~同名誉教授。戦前・戦後を生きた人間の責務として、癌と闘いながら本書を書き上げた。
2016年8月 逝去

【目次】
はじめに
第1章 西欧列強のアジア進出と日本の近代化
第2章 日本近隣国の覚醒
第3章 日中交流は中国改革と反日を呼ぶ
第4章 日中抗争と満州事変
第5章 中国共産党の挑発で起きた日中戦争
第6章 アメリカの野望と日米戦争
第7章 世界を謀略に巻き込んだコミンテルン
第8章 GHQの占領政策が日本を弱体化した
第9章 戦後賠償と経済援助
第10章 朝日新聞の反日報道
第11章 日本を悩ます諸問題
第12章 日本の侵略戦争・植民地略奪は本当か
第13章 日本は独立国になれるか
あとがき ―日本人自身による過去の歴史総括を―+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2021/02/12
紙の本発売日 2016/11/24 ( 2010年代 )
ページ数: P348
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間