• OFF
  • ON
シークレットモード
文春ムック 渋沢栄一 道徳的であることが最も経済的である

文春ムック 渋沢栄一 道徳的であることが最も経済的である

作者: 鹿島茂

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

2024年から発行される一万円札の「顔」となる日本資本主義の父・渋沢栄一。NHK大河ドラマ「青天を衝く」の主人公でもある渋沢栄一とはどんな人物だったのか。十九年間かけて評伝『渋沢栄一 上下巻』(文春文庫)をまとめた鹿島茂さんが渋沢の偉大さを解き明かす。

はじめに  渋沢栄一の「偉さ」を探索する旅

第一章 日本の資本主義を興した男の足跡
日本の資本主義はどこからきたのか 渋沢栄一とサン・シモン主義
渋沢栄一はいかにして日本に資本主義を根付かせたのか
適材適所を徹底し、資本主義を育む 企業経営と再建の手腕

第二章 親族が語る知られざる素顔
渋沢家百年のオヤジの背中  ×渋沢雅英 
現当主が語った渋沢家四代とっておきのエピソード
正しい道理の「富」でなければ企業の永続はない  ×鮫島純子 エッセイスト
渋沢栄一に学ぶ経世済民の心得  ×渋澤健 
「ヘッジファンドやってて、ご先祖さまに悪いかナと……」

第三章 華麗なる人脈 明治・大正・昭和?経済人の群像
M&Aとイノベーションに満ちた時代の寵児たち  ×坪内祐三 評論家、エッセイスト
明治・大正経済人の華麗なる旦那芸ネットワーク  ×山口昌男 文化人類学者
明治から昭和のすごい経営者  ×楠木建 
日本を変えた二十人に学ぶ大成功の秘訣  ×佐々木常夫
 
第四章 現代に受け継がれる経営哲学
“経営農民”渋沢栄一の「たった一人の株式会社革命」  ×福原義春
“ブランド化”こそが「企業永続」のカギである  ×塚越寛+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 文春e-book
シリーズ
電子版発売日 2021/02/09
紙の本発売日 2021/02/09 ( 2020年代 )
ページ数: P176
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

文春e-bookの関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間