• OFF
  • ON
シークレットモード
黒白の起点 飛騨高山殺意の交差

黒白の起点 飛騨高山殺意の交差

作者: 梓林太郎

価格 792(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

この女、一体、何人殺ったんだ!?

札幌・飛騨高山・上高地…流行作家と
その秘書がたどり着いた真相!

長篇旅情ミステリー。

小森甚治は流行作家・野山遊介の秘書だ。
野山が書き散らした原稿を整えたり、
作品に必要な取材をして資料を準備したりするのが仕事である。

ある日、野山は偶然新宿で知り合ったホームレスの男から興味深い話を聞き、
作品にしたい欲求にかられる。
小森はその男からさらに話を聞くことを依頼されるが、
男は失踪し、やがて上高地の梓川で死体で発見された!?

調査を進めるうちに、男が経営していた札幌のクラブのホステスで、高山出身の女がいることが判明する。

飛騨高山で交差する連続殺人事件の真相は?+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 徳間文庫
シリーズ
電子版発売日 2021/02/10
紙の本発売日 2021/02/10 ( 2020年代 )
ページ数: P336
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

徳間文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間