• OFF
  • ON
シークレットモード
世界を不幸にする植民地主義国家・中国

世界を不幸にする植民地主義国家・中国

作者: 楊海英

価格 1,782(税込)
獲得ぷららポイント 17 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

いまも続く中国の植民地主義を論破する!

地球上における植民地体制は1960年代の植民地解放運動で終わったと教科書は教える。
しかし、事実はまったく異なる。
モンゴルやウイグルなど少数民族地域における中国によるジェノサイドこそ、植民地主義以外の何ものでもない。
中国は、周辺に住む諸民族を「昔から中華の臣民」とみなし、植民を進める地域を「有史以来中国の固有の領土」と主張する。
そして、少数民族虐殺を「解放」と宣伝し、専制主義体制を敷く行為を「全人類の解放」と置き換える。
つまり伝統思想と社会主義イデオロギーの双方を武器にした巧妙なシステムでなりたっているのが中国の植民地主義なのだ。
この中国独自の論理で武装された植民地主義を、中国周辺の諸民族と日本からの視点で分析し、その言説を論破する。

[本書の内容]
序 章 中国という鬼門、「日中友好」という神話
第一章 悪魔としての「中国革命」が生んだ官制ナショナリズム
第二章 中国革命の本質は対モンゴル暴力
第三章 「革命の継続」はモンゴル人・ジェノサイド
第四章 日本の進歩的知識人の中国観
第五章 「救々文化」から「破壊力」の究明へ
第六章 植民地支配と大量虐殺、そして文化的ジェノサイド
第七章 モンゴル語教育の禁止政策が物語る文化的ジェノサイド
第八章 ノーベル平和賞受賞者劉暁波の中国論
第九章 反人道的ジェノサイドを座視するな
第十章 日本は中国の論理に反撃すべし
終章  宗主国の日本人へ――モンゴル人からのあるメッセージ+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/12/25
紙の本発売日 2020/12/25 ( 2020年代 )
ページ数: P280
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • GW Superクーポン!50%OFF
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 3話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間