• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
ISO/IEC/IEEE 29119 ソフトウェアテスト規格の教科書
完結

ISO/IEC/IEEE 29119 ソフトウェアテスト規格の教科書

作者: 石原一宏 / 江添智之 / Stuart Reid / 高木陽平 / 堀明広

価格 2,750(税込)
獲得ぷららポイント 27 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

◆詳細
ISO29119の解説書がついに日本に登場! 現場で活かせるノウハウが満載! !

規格の主要部分であるテストプロセス、テストドキュメント、テスト技法を仮想プロジェクトを通じて解説

●規格のWG議長だから分かる規格の勘所を徹底解説
●この一冊で規格について全てが分かる
●仮想プロジェクトでの適用例が満載
●リスクベースドテストの真髄ここにあり

◆CONTENTS
第1章 はじめに
第2章 劇場予約システムの例
第3章 テストプロセス
第4章 テストドキュメント
第5章 テスト技法
第6章 用語集

※本書はStuart Reid博士が執筆した
ISO/IEC/IEEE 29119 SOFTWARE TESTING STANDARDS A Practitioner's Guideの日本語翻訳書です。

◆本書「まえがき」より
ISO Software Testing Working Groupの議長として、10年以上に渡り、多くの時間を費やしてきた。
そのため、ソフトウェアテストの国際規格であるISO/IEC/IEEE 29119には、いささか愛着を持っている。
よって、この本を書くことは、規格の認知向上と有用性を説明するのに良い機会だと捉えている。
本書は、規格よりも分かりやすく記述することを心掛けた。

この本は、以下の3つの事柄を狙いとしている。
1.ISO/IEC/IEEE 29119テスト規格の各規格を読む時間のない読者のために、短く1つにまとまった概要を示すこと
2.規格をどのように活用するか、1つのシステムをテストする例を通して示すこと
3.規格には記載されていない解釈や規格適用のための予備知識を示すこと

◆出版社より
本書の出版にあたり、原著者であるStuart Reid博士よりメッセージをいただいています。

日本語版によせて

ISO/IEC/IEEE 29119 シリーズのソフトウェアテスト規格は、日本から多くの影響を受けました。
日本のレビューアーは、規格の最初のドラフトが配布された2008年から、初めて規格が発行された2013年までの数年に渡り、規格の策定に役立つ貴重なフィードバックを提供してくれました。
その結果、日本の価値観を適切に反映したソフトウェアテストの規格が生み出せたと思っています。

本書は、忙しい読者や規格を読む必要のある読者に向けて、ソフトウェアテスト規格を紹介するとともに、これらの規格をどのように適用するか、例を使いながら説明しています。
訳者の高木陽平氏は、本書の日本語版によって、日本の読者にとって規格がより身近なものにしてくれました。高木氏の労力と努力に感謝しています。

Stuart Reid 2020年2月+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/12/18
紙の本発売日 2020/04/15 ( 2020年代 )
ページ数: P202
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間