• OFF
  • ON
シークレットモード
蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)

蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)

作者: 荒崎一海

価格 748(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

学問一筋の兵学者九頭竜覚山は、深川一の人気芸者だったよねと所帯を持ち、花街門前仲町の用心棒となり、頼りにされている。事件があると、北町奉行所の定町廻り柴田喜平次にも協力もする。賽銭泥棒を疑われた清貧の浪人父子は、長屋で切腹して武士の気概をみせた。祝言を前にして、大店両替屋達磨屋の娘がなにを思ったか、蓬莱橋から身を投げた。悲劇の裏にはうごめく悪がいる! 剣難、女難、深川人情シリーズ、第二弾!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 歴史・時代小説
掲載雑誌
レーベル名 講談社文庫
シリーズ 九頭竜覚山 浮世綴 関連シリーズ > 九頭竜覚山 浮世綴
電子版発売日 2020/12/15
紙の本発売日 2018/08/10 ( 2020年代2010年代 )
ページ数: P352
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

講談社文庫の関連作品

歴史・時代小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間