• OFF
  • ON
シークレットモード
一九七二 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」

一九七二 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」

作者: 坪内祐三

価格 1,800(税込)
獲得ぷららポイント 18 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

「一九七二年以前に生まれた人となら、歴史意識を共有出来る気がする」。
札幌五輪、あさま山荘事件、ニクソン訪中など、エポックメイキングな数々の出来事で彩られたこの年は、六四年から始まった高度経済成長の激しい変化が完了し、大衆化社会へと突入していく戦後史の分水嶺となる一年だった。
縦横無尽に資料を渉猟し、一九七二年以降に生まれた者たちとの歴史意識の橋渡しを試みた、著者の代表的時代評論書。
解説・泉 麻人

※この電子書籍は2006年4月に刊行された文春文庫版を底本としています。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 文春学藝ライブラリー
シリーズ
電子版発売日 2020/12/08
紙の本発売日 2020/12/08 ( 2020年代 )
ページ数: P496
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

文春学藝ライブラリーの関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間