• OFF
  • ON
シークレットモード
一式陸攻戦史 海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで

一式陸攻戦史 海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで

作者: 佐藤暢彦

価格 1,188(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

対米戦の切り札として太平洋戦争開戦の年にデビューした新鋭中攻―本来の対艦攻撃任務に加え、陸上爆撃、偵察、輸送、対潜哨戒、さらには人間爆弾「桜花」の母機として活躍した一式陸攻の4年余にわたる闘いの全容を描く初めての通史。未発表を含む写真・図版290余点掲載。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 光人社NF文庫
シリーズ
電子版発売日 2020/12/04
紙の本発売日 2019/01/23 ( 2010年代 )
ページ数: P479
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

光人社NF文庫の関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間