• OFF
  • ON
シークレットモード
王書─ペルシア英雄叙事詩

王書─ペルシア英雄叙事詩

作者: 黒柳恒男 / フィルドゥスィー

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

サーサーン朝ペルシャがアラブの侵攻で倒れて三百数十年、11世紀初めにアラブ中央政権に対抗して書かれたペルシャ民族高揚の叙事詩。神話時代、英雄時代、歴史時代の三部からなり、イラン人なら今も、誰でもその一節を暗誦することができると言われる。本訳書はそのうちの英雄時代の抄訳。中心となるのは無双の勇士ロスタムで、本書は彼の父ザールと母ルーダーベのロマンスで幕を開け、彼の死で幕を閉じる。霊鳥に育てられたロスタムはトルキスタンからの侵入者を退け、イランの王位を輝かす。このロスタムを縦糸に、彼が仕えた王と勇士たちの活躍が描かれ、ロスタムの息子ソホラーブとの確執、王子スィヤーウシュの悲運、グーダルズ家の親子の死闘など、絢爛たる絵巻がつぎつぎと繰り広げられる。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/11/27
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間