• OFF
  • ON
シークレットモード
日本文学史 近世篇一

日本文学史 近世篇一

作者: 徳岡孝夫 / ドナルド・キーン

価格 495(税込)
獲得ぷららポイント 4 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

徳川時代を代表する詩形は俳諧である。独立した文芸ジャンルに高められた俳諧が、松尾芭蕉という才能を得て、十七文字の中に小宇宙を創造するまで。

日本文学への深い愛情をこめて単独執筆した魅力あふれる通史。

序 近世の日本文学/俳諧の連歌の登場/松永貞徳と初期の俳諧/談林俳諧/蕉風への移行/松尾芭蕉/芭蕉の門人/仮名草子+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 中公文庫
シリーズ 日本文学史 近世篇 関連シリーズ > 日本文学史 近世篇
電子版発売日 2020/11/21
紙の本発売日 2011/01/25 ( 2010年代 )
ページ数: P106
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

中公文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間