• OFF
  • ON
シークレットモード
妖しいご縁がありまして お狐さまと記憶の欠片

妖しいご縁がありまして お狐さまと記憶の欠片

作者: 紅木春 / 汐月詩

価格 737(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

「決して手を離してはいけないよ」 そう、言われていたのに――。

ある夏祭りの夜、祖母の言いつけを守らなかった八重子(やえこ)は、田舎町で過ごした数年間の記憶をなくしてしまう……。
時は過ぎ、祖母の死をきっかけに再び田舎町で暮らすこととなった八重子はそこに突然現れた男に失礼な言葉をかけられる。
「おまえ、面白いものをなくしているな」
二紫名(にしな)と名乗るこの男、どうやら八重子のなくした記憶について何か知っているようで──!?
記憶を取り戻すため、八重子は自らを神使の狐だと名乗る二紫名と祖母ととも過ごした田舎町を奔走する。

記憶が戻った時、八重子の心に残る感情は果たして──。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 ことのは文庫
シリーズ 妖しいご縁がありまして 関連シリーズ > 妖しいご縁がありまして
電子版発売日 2020/10/20
紙の本発売日 2020/10/20 ( 2020年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

妖しいご縁がありまして お狐さまと記憶の欠片のレビュー

3.0
評価数 : 1
5
0
0件
4
0
0件
3
1
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

関連シリーズ

ことのは文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間