• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
合格生23人の入試コンサルタントが教える税法大学院に入るための研究計画書の書き方

合格生23人の入試コンサルタントが教える税法大学院に入るための研究計画書の書き方

作者: 丸山友幸 / MBビジネス研究班

価格 658(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

【書籍説明】
本書は、2分の1の労力で税理士試験を最短で確実に免除するための本になります。
そのためには、税法大学院に入学する必要があります。
税法大学院というのは俗称で、〇〇大学院の経済学研究科や法学研究科などで、修士論文を書き国税庁からの認定を受けることで、
税理士試験の合格に必要な5科目のうち2科目の免除を受けることができる学校のことです。

少し前までは、税法大学院の情報が乏しく、いわゆるブラックボックスのような状態でした。

しかし、近年のインターネットの発展により、税法大学院を卒業して税理士になった人がブログで発信したり、
大手予備校が税法大学院専門の講座を開講したりすることで、税理士になるための1つの選択肢として急速に認知度が上がってきました。

冒頭の2分の1の労力は個人差はあるものの、税法大学院の免除はそれほどインパクトがあるものです。

本書では、読者が税法大学院の挑戦を始めやすくするため、高卒で入学された方や税理士科目合格なしで入学された方など、タイプの違う5人の合格生のエピソードを収録しています。

ぜひ、ご自身に近いタイプの合格生を参考にして税法大学院入試の第一歩としてください。


【目次】
序章
本書の読み方
第一章 初めの5行を全力で書く
第二章 自分の経験の棚卸し
第三章 棚卸しをテーマに繋げる手法
第四章 合格科目がなく会計業界の経験がなくても合格
第五章 最終学歴が高卒でも合格できる
第六章 ニッチなテーマで人気大学院に合格
第七章 税法未学習の大学生の書き方
第八章 合格科目がなくても実務で勝負
第九章 合格したコンサル生に共通しているもの
第十章 大学院は教授で決まる、タイプはそれぞれ


【著者紹介】
税理士 税法大学院入試コンサルタント
丸山友幸(マルヤマトモユキ )
平成31年3月大阪産業大学大学院経済学研究科卒業、令和元年10月1日に税理士としてみつばち会計事務所を開業。
会計事務所開業の1年半前の平成30年4月26日に株式会社スカイクラウドを設立、同年8月から完全オンラインにて、
税法大学院入試に必要な研究計画書作成に特化した税法大学院合格コンサルサービスを開始。
令和2年7月現在、23人のコンサル生が税法大学院に合格。
現在は税理士と税法大学院入試コンサルタントの二足のわらじを履いて元気良く活動中です。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/08/14
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間