• OFF
  • ON
シークレットモード
科学技術の失敗から学ぶということ リスクとレジリエンスの時代に向けて

科学技術の失敗から学ぶということ リスクとレジリエンスの時代に向けて

作者: 寿楽浩太

価格 1,980(税込)
獲得ぷららポイント 19 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

「覆水盆に返らず」起こってしまった結果から未来を考えよう!!
 本当に科学技術の失敗から学べているのか。もしうまくいっていない部分があるとしたらそれはなぜなのか。そういう問題点を乗り越える方法はないのか。
 科学技術の社会学を専門とする筆者は、工学と社会科学の間を往来しながら、工科系の大学の授業で、そうした問いに取り組んできました。
 本書はその経験を踏まえて、現実に起きた事件を通して、これらの問いについてできる
だけ平易に、しかし同時に深く考え、答えを試みようとするものです。

はじめに
第1章 タコマ橋とコメット「失敗から学ぶ」サクセスストーリー
第2章 機体が言うことを聞かない!何が最新鋭機を墜落させたのか(1)
第3章 高度がおかしいぞ!何が最新鋭機を墜落させたのか(2)
第4章 「チャイナ・シンドローム」巨大技術の事故は防げないのか
第5章 スペースシャトル・チャレンジャーの悲劇 誰がシャトルを打ち上げさせたのか
第6章 ディープウォーター・ホライズン 大企業はなぜ失敗を繰り返すのか
第7章 日航機乱高下事故と機長の裁判 原因究明か、責任追及か
第8章 通勤電車の大事故は誰のせいなのか 組織の責任を問う難しさ
第9章 3・11複合災害の衝撃 レジリエンス・エンジニアリング論とは
第10章 これからの「科学技術の失敗からの学び」のために
あとがき+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/07/10
紙の本発売日 2020/06/09 ( 2020年代 )
ページ数: P208
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 3話配信

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間