• OFF
  • ON
シークレットモード
幻覚剤は役に立つのか

幻覚剤は役に立つのか

作者: マイケル・ポーラン / 宮?真紀

価格 3,520(税込)
獲得ぷららポイント 35 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

『雑食動物のジレンマ』『人間は料理をする』で知られるジャーナリストが自ら幻覚剤を体験し、タブーに挑む!

今どんな幻覚剤の研究がおこなわれているのか。
幻覚剤は脳にどんな影響を与えるのか。
そして、医療や人類の精神に、幻覚剤はいかに寄与しうるのか。

「不安障害」「依存症」「うつ病」「末期ガン」などへの医学的利用の可能性と、“変性する意識”の内的過程を探る画期的ノンフィクション。

ニューヨークタイムズ紙「今年の10冊」選出(2018年)、ガーディアン紙、絶賛!

一部の精神科医や心理学者が過去の幻覚剤研究の存在に気づき、発掘を始めたのは最近のことだ。
彼らは現代の基準で再実験をおこなって、その精神疾患治療薬としての可能性に驚愕し、(中略)幻覚剤が脳にどう働くのか調べはじめた。
――幻覚剤ルネッサンスである。(宮?真紀)

【目次】
プロローグ 新たな扉
第一章 ルネッサンス
第二章 博物学――キノコに酔う
第三章 歴史――幻覚剤研究の第一波
 一  有望な可能性
 二  崩壊
第四章 旅行記――地下に潜ってみる
 トリップ一 LSD
 トリップ二 サイロシビン
 トリップ三 5-MeO-DMT(あるいはトード)
第五章 神経科学――幻覚剤の影響下にある脳
第六章 トリップ治療――幻覚剤を使ったセラピー
 一  終末期患者
 二  依存症
 三  うつ病
エピローグ 神経の多様性を讃えて+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 関連シリーズ > 幻覚剤は役に立つのか
電子版発売日 2020/06/26
紙の本発売日 2020/05/26 ( 2020年代 )
ページ数: P536
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

幻覚剤は役に立つのかのレビュー

5.0
評価数 : 2
5
2
4
0
0件
3
0
0件
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

関連シリーズ

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間