• OFF
  • ON
シークレットモード
マス・イメージ論

マス・イメージ論

作者: 吉本隆明

価格 1,672(税込)
獲得ぷららポイント 16 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

カフカ、小島信夫、中島みゆき、山岸涼子ら、文学・漫画・CM・歌謡曲などを全体的な概念として捉え、「現在」を読み解く斬新な評論。新しい時代を予見した格闘の書! ――文学、少女漫画、現代詩、歌謡曲、テレビCM……。マスメディアを通して現れた言葉やイメージを産み出している「現代」という名の作者をめぐって、果敢に挑んだ評論集。小島信夫、高橋源一郎、萩尾望都、糸井重里、中島みゆきらの諸制作品を、個別の批評方法から離れて解析・論述し、「戦後思想界の巨人」の新たな側面を示して反響を呼んだ。来るべき時代を予見し、今さらに輝きを増す画期的論考。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 講談社文芸文庫
シリーズ
電子版発売日 2020/05/22
紙の本発売日 2013/03/09 ( 2010年代 )
ページ数: P368
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

作者の他作品

講談社文芸文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間