• OFF
  • ON
シークレットモード
日本一わかりやすいMaaS&CASE――ストーリーで理解する

日本一わかりやすいMaaS&CASE――ストーリーで理解する

作者: 中村尚樹

価格 1,980(税込)
獲得ぷららポイント 19 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

【内容紹介】
未来の「移動と暮らし」はこう変わる
MaaSとCASEが一冊になった初めての本!
時代は100年に1度のモビリティ革命に

【著者紹介】
[著]中村 尚樹(なかむら・ひさき)
1960年、鳥取市生まれ。九州大学法学部卒。NHK記者を経てジャーナリスト。専修大学社会科学研究所客員研究員。法政大学社会学部非常勤講師。
著書に『マツダの魂 不屈の男 松田恒次』、『最重度の障害児たちが語りはじめるとき』、『認知症を生きるということ─治療とケアの最前線』、『脳障害を生きる人びと─脳治療の最前線』(いずれも草思社)、『占領は終わっていない─核・基地・冤罪そして人間』(緑風出版)、『被爆者が語り始めるまで』、『奇跡の人びと─脳障害を乗り越えて』(共に新潮文庫)、『「被爆二世」を生きる』(中公新書ラクレ)、共著に『スペイン市民戦争とアジア─遥かなる自由と理想のために』(九州大学出版会)などがある。

【目次抜粋】
はじめに
第1章 MaaSとCASEとは何か
第2章 交通弱者を救うMaaS
第3章 観光型MaaSが持つ可能性
第4章 都市型MaaS:タクシーとライドシェアの新動向
第5章 都市型MaaS:まったく新しいマーケットの創出
第6章 CASEのカギを握る「自動運転」への挑戦者たち
第7章 ビヨンドMaaS:だれも見たことがない世界へ
おわりに
参考文献+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/04/17
紙の本発売日 2020/04/13 ( 2020年代 )
ページ数: P368
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間