• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
おやすみ前の3分音読で嫌なことがスーッと消えるほとけさまの話

おやすみ前の3分音読で嫌なことがスーッと消えるほとけさまの話

作者: 松島龍戒

価格 1,584(税込)
獲得ぷららポイント 15 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

平常心を取り戻す
お釈迦さまからの処方箋!



「人間関係に疲れた」
「大切な人と別れて悲しい」
「仕事で失敗してしまった」
「陰で悪口を言われた」
「病から身を守れるだろうか」


……誰もが嫌なこと(不安、悲しみ、怒り)を
抱えて、悩みながら生きています。

マイナスの感情は、こころをゆらす波です。
大波か小波かにかかわらず、
こころがゆれたままでいると、
不安や悲しみ、怒りなどの感情が増幅されて、
冷静に判断するチカラを失うものです。
すると、余計に「嫌なこと」が増えて
ますますマイナス感情に悩まされます。

そんな「嫌なこと」を乗り越えたい、
気持ちをリセットしたい人は、
お釈迦さまの「こころの処方箋」を
試してみませんか。
お釈迦さまは、2500年もむかし、
「誰でも嫌なことがあるのは仕方がない」
と言って、人々の悩みや苦しみに
寄り添った方です。

処方箋が記されたもの、お経を
一話3分ほどで読める物語形式に
まとめたのが本書。

本書の物語を「読む」だけでも、
こころに落ち着きを取り戻せますが、
本書では「音読」をおススメします。

「いつでもどこでも」
「大きく息を吸って吐き」
「ほとけさまをイメージする」
これは、仏教の瞑想のポイントです。

つまり、本書の物語を声に出して読むと、
瞑想と同じ、こころの安定を得られる
ということです。

忙しい現代人に長すぎず短すぎない
3分間のプチ瞑想体験。
就寝前などに本書を音読して心の重荷を解き、
平常心を取り戻しませんか。
きっと、穏やかな明日を迎えられるはずです。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/03/18
紙の本発売日 2020/03/18 ( 2020年代 )
ページ数: P144
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 2月LINEPay特典クーポン 2/28まで

作者の他作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間