• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。

産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。

作者: カネシゲタカシ / たんたん

価格 1,089(税込)
獲得ぷららポイント 10 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

父母との関係、うつ、二度の流産、高齢出産……。
「産まないことは正義!」と思っていた女性が最愛の我が子に出会うまで。
笑いあり涙あり、夫婦で描き上げた魂のコミックエッセイ!

“生きづらさ”に苦しんでいた彼女に下された診断は「境界性パーソナリティ障害」だった。夫と二人三脚で克服し平穏な日々を送るも「子どもを産んじゃダメだ」という信念だけは揺るがなかった。その思いに風穴をあけた夫のひと言。そこから彼女はなぜ「子どもを産んじゃダメだ」と思っているのか、紐解きはじめることに――。

心の底から「子どもが産みたい!」と思うことが、夫への一番の恩返し。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 幻冬舎単行本
シリーズ
電子版発売日 2020/03/17
紙の本発売日 2020/03/17 ( 2020年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

幻冬舎単行本の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間