• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ一城一話 55の物語

戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ一城一話 55の物語

作者: 松平定知

価格 1,100(税込)
獲得ぷららポイント 11 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

■47都道府県、55の“名城”と「そうだったのか!?」とくるエピソードの数々■

北海道から沖縄まで城や城址のないところはありません。城じたいは知っていても、そこにまつわる逸話の数々は知られていないもの。一城一話の簡潔なスタイルで松平定知氏が語り下ろします。


■安土城と織田信長より■

 一般に城の建設は「攻められにくく、守りやすい」が原則です。それが幅8mの道が180mにわたって直線的に続く・・・・・・。こんなことはそれまではあり得ないことでした。安土城が戦うための城ではなく、見せるための城といわれるゆえんです。

(中略)

 見せるための城でいったい何を見せるのか? それは、自分の威信を天下に見せるのです。「天下布武」を宣言した信長の権力です。その象徴と位置付けたのが安土城だったのです。
 大手道はなんでそんなに広いのかというと、天皇が安土城に来られることを想定していたからです。
 
(中略)

 天皇をお迎えする本丸は、信長の起居する天主よりも下にあり、天皇を見下ろすことになります。
 信長は天主で起居し政務を取り仕切っていました。ここは天守といわず天主といいます。日本初の“マンション”(高層住宅)NO住人は、間違いなく信長でした。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2020/03/18
紙の本発売日 2020/03/19 ( 2020年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間