• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
マーティン/ショー 素粒子物理学 原著第4版

マーティン/ショー 素粒子物理学 原著第4版

作者: 織田勧 / 神谷好郎 / 川越清以 / グレアム・ショー / 駒宮幸男 / 末原大幹 / ブライアン.R・マーティン / 吉岡瑞樹

価格 13,200(税込)
獲得ぷららポイント 132 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

★理論家も実験家も必読の一冊! 素粒子物理の道を行くすべての人に捧げる、世界的名著★

素粒子物理の世界的名著を、日本随一の研究者らが翻訳した。ニュートリノ振動、ヒッグス粒子発見など、近年の物理学の飛躍的進歩を反映している。原著はBrian R. MartinおよびGraham Shawの共著“Particle Physics, Fourth Edition”(Wiley社より2017年刊)。

【本書の特徴】
・ヒッグス粒子の発見、ニュートリノ振動の発見など、近年の飛躍的進歩に対応。
・CP対称性の破れ、エキゾチックハドロン、標準模型とそれを超える理論、宇宙論との関連など、最新の知見まで網羅。
・平易な文章と丁寧な議論。全章に練習問題を付し、入門にも最適。

【主な内容】
第1章 基本的な概念
第2章 レプトンと弱い相互作用
第3章 クォークとハドロン
第4章 実験手法
第5章 時空の対称性
第6章 クォーク模型
第7章 QCD、ジェットとグルーオン
第8章 クォークとパートン
第9章 弱い相互作用:クォークとレプトン
第10章 弱い相互作用:電弱統一
第11章 離散的対称性:C、P、CPとCPT
第12章 標準理論を超えて
補章A 相対論的運動学
補章B 振幅と断面積
補章C アイソスピンの定式化
補章D ゲージ理論
補章E 章末問題略解
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 KS物理専門書
シリーズ
電子版発売日 2020/03/18
紙の本発売日 2020/03/18 ( 2020年代 )
ページ数: P472
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

KS物理専門書の関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間