• OFF
  • ON
シークレットモード
武士の一念 御庭番の二代目11

武士の一念 御庭番の二代目11

作者: 氷月葵

価格 770(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

郡上一揆の評定により意次は一万石の大名に。領国の侍の叛意とは?

今日と同じ明日とは限らぬ。藩主を失くした侍もいれば、突然、浪人となった侍も…。
意次の領国相良への旅で、加門が見た武士の一念とは。

奥美濃の郡上藩での百姓一揆は、公儀の評定所へと送られた。将軍家重は御用取次の田沼意次に評定の指揮をとらせるべく五千石を加増、一万石の大名とした。結果、郡上藩主金森兵部は改易、金森と縁を結んでいた若年寄の本多長門守忠央は罷免のうえ領地遠江の相良召し上げとなり、相良は意次に与えられた。相良への意次の旅に同行した御庭番宮地加門の見た『武士の一念』。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 歴史・時代小説
掲載雑誌
レーベル名 二見時代小説文庫
シリーズ 御庭番の二代目 関連シリーズ > 御庭番の二代目
電子版発売日 2020/04/01
紙の本発売日 2019/10/25 ( 2020年代2010年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

二見時代小説文庫の関連作品

歴史・時代小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間