• OFF
  • ON
シークレットモード
年商500万円の弱小プロレス団体が上場企業のグループ入りするまで

年商500万円の弱小プロレス団体が上場企業のグループ入りするまで

作者: 高木三四郎

価格 1,782(税込)
獲得ぷららポイント 17 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

藤田晋氏(サイバーエージェント代表取締役社長)
「DDTのプロレスって
良質な舞台を見たような
面白さがあるんですよ」

ケニー・オメガ(AEW副社長)
「新日本でもDDTの
プロレスが通用することを
示したかった」

b>倉持由香(グラビアアイドル・尻職人)
「己の肉体一つで戦い、
その世界で生き延びていく。
グラドルとレスラーの共通項です」

年商500万円の屋台村プロレスから
始まったDDTは、
両国、さいたまスーパーアリーナ、
東京ドームへの進出も果たし、
サイバーエージェント傘下になってますます快進撃。
今や、あのメジャー団体に次ぐ興行規模に成長した。
大社長こと高木三四郎氏が初めて明かす、
22年の汗と涙の紆余曲折と、
プロレス団体経営論!

「主な内容」
○サイバーエージェント藤田社長に直接打診
「DDTの株式を買ってもらえませんか?」
○「いくらで売ったんだよ」と聞いてきた某レスラーの話
○試合中でも構わずツイッター発信する
○両国国技館を満席にする「裏技」
○鈴木みのると東京ドーム「無観客」一騎打ち
○「カナダの路上王」ケニー・オメガ参戦
○「横一列で見てもらったら困る」棚橋弘至の発言
○高野拳磁から教わった「プロレスは雰囲気だ!」
○飯伏幸太がDDTを選んだ理由
○アイドルに「プロレスやってみない?」とスカウト
○芸能人のプロレスセンスはなぜ高いか
○『東京女子プロレス』旗揚げまでの顛末
○有名人2世レスラーの宝庫であるDDT
○「俺、経営わかんねえから」武藤敬司から
WRESTLE−1CEOの打診
○大仁田厚という「毒」を食えるか
○プロレス界のLDH、ジャニーズになれるかな?
……本書より一部抜粋+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/10/31
紙の本発売日 2019/10/31 ( 2010年代 )
ページ数: P312
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間