• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
最新版 抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116

最新版 抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116

作者: 勝俣範之 / 加藤知子 / 中山優子

価格 1,650(税込)
獲得ぷららポイント 16 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

? 【電子版のご注意事項】 ※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。 ※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。 ※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。 ※この商品は固定レイアウトで作成されております。 以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。?


食欲がない・嘔吐がする・口内炎がある・味覚に変化がある、などのレシピ、調理のコツなどを紹介。専門医の最新医学明快解説も。

抗がん剤、放射線治療を受けているときの食事は、本人はもちろん家族にとっても悩むところです。
症状別のレシピや食品の選び方、調理のコツなどを紹介。
また、個々の症状にあわせて専門医(医師、看護師、栄養士)の立場から生活や食事のアドバイスも収載し、がん患者さんのこれからの生活全般をサポートします。

<構成>
●治療を乗り切るために
●抗がん剤治療・放射線治療を乗り切る食事編
●食事の工夫
●がん治療を乗り切るため医学知識編
●化学療法の副作用と副作用対策
●化学療法の副作用でもたらされる食事へのダメージ
●放射線療法の副作用と副作用対策
●放射線療法の副作用でもたらされる食事へのダメージ
●効果と副作用がよくわかる抗がん剤小事典

勝俣 範之(カツマタ ノリユキ):日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授。
1988年、富山医科薬科大学医学部医学科卒業。
茅ヶ崎徳洲会病院内科レジデント、国立がんセンター中央病院内科レジデント、
国立がん研究センター中央病院乳腺科・腫瘍内科医長を経て、2011年10月より現職。
専門領域:腫瘍内科学、乳がん、婦人科がん化学療法、がん支持療法。
趣味:フルマラソン、楽器演奏

中山 優子(ナカヤマ ユウコ):国立がん研究センター中央病院放射線科医長。
1984年、群馬大学医学部医学科卒業。
1984年、群馬大学医学部放射線科入局。
1999年、群馬大学医学部放射線科講師。
2005年、東海大学医学部専門診療学系放射線治療科学准教授。
2008年、神奈川県立がんセンター放射線科部長・重粒子線治療施設整備室長を経て現職。
日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医。
日本臨床腫瘍学会暫定指導医。
日本がん治療認定医機構暫定教育医。
日本がん治療認定医機構がん治療認定医。
専門は放射線腫瘍学・肺癌の放射線治療。

加藤 知子(カトウ トモコ):一般社団法人 食サポートオフィス代表理事・管理栄養士。
平成16年、仙台白百合女子大学人間学部人間生活学科健康栄養専攻卒業。
総合南東北病院(宮城県)、海老名総合病院、東都クリニック栄養科を経て、平成23年8月より現職。
健康増進のための食生活アドバイスから、病気の予防、治療に対応した幅広い栄養相談を得意としている。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/09/20
紙の本発売日 2019/09/13 ( 2010年代 )
ページ数: P144
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間