• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら、小学館 映像研には手を出すな!原作ポイント50倍 10/31まで
「空腹の時間」が健康を決める

「空腹の時間」が健康を決める

作者: 石原新菜 / 石原結實

価格 1,430(税込)
獲得ぷららポイント 14 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れる本です。


【健康を決めるのは「血流」】
健康を決めるのは「血流」です。
血流が悪くなると、「だるい」「疲れる」「冷え」といった症状から始まり、「肌トラブル」「便秘・下痢」「肩こり」「頭痛」などの不調になります。さらに、悪化すると病気になってしまいます。


【1日3食は、食べすぎです】
多くの方は、1日3食をとっています。
しかし、1日3食は、食べすぎです。

食べたものを、体の中に消化・吸収するには、たくさんの血液が必要となります。食べたあと眠くなるのはその一例です。血液が胃腸に回されて脳の血流が減ってしまうために、食後にはうつらうつらしてしまうのです。

そうすると、他の部分に血液が回りません。とくに、毛細血管といわれる細い血管に血液が行き届かなくなり、血管に血液が全く回らなくなるゴースト血管(血管の幽霊化)になってしまいます。
すると、その周り部分には、血液を使って送られるべき酸素や栄養が届かず、いらなくなった老廃物の回収もできません。

その結果、「冷え」という症状が始まり、不調になり、最終的には病気へとつながってしまうのです。


【空腹が、血流を回復させます】
この血流をよくするために、一番効果が高いのは「空腹」です。
空腹の時間を多くすると、血流は一気に回復へと向かいます。
食べたものの消化・吸収に使われる血液が減り、そのぶん他のところへ栄養を運んだり、老廃物を回収したりすることができるのです。

不調や病気は、体の中の悪いものが排泄できないためになります。血流がよくなれば、体にとって不要な老廃物を排泄することができるのです。


【つらくない空腹時間の作り方】
「空腹はつらい」という印象があります。
そのような方でも、本書で紹介する方法を使えば、ラクに空腹の時間を長くすることができます。

空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れましょう!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/08/23
紙の本発売日 2019/08/09 ( 2010年代 )
ページ数: P184
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • アニメ版:思い、思われ、ふり、ふられ原作ポイント30倍 10/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間