ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード
ネイティブ感覚 基本動詞使い分けブック

ネイティブ感覚 基本動詞使い分けブック

作者: ルース・ファロン

価格 935(税込)
獲得ぷららポイント 9 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容


「教える」はteachじゃない?
pushとpressを使い分けるポイントは?
dislikeとhateは、どっちがより「嫌い」?
studyの「勉強する」以外の意味って?
discussとdebateの差は何? etc.。

あなたはその場の状況に応じた正しい動詞が選べますか? 本書は、40年近く日本人の英語を指導してきたアメリカ人のルース・ファロン先生が、学習者が間違えやすい動詞を精選。日本語の46個の動詞に対し、複数語を使い分けなければならない英語の動詞計210語を、短時間で、楽しく身に付けます。それぞれの動詞が持つ微妙なニュアンスの違いを、丁寧な解説とイキイキとした例文で学びましょう。あなたの英語力にさらに磨きをかけ、今よりもっと自信を持って英語が使えるようになります(本書は2004年刊行『似たもの動詞 使い分けクリニック』に加筆し、新書化したものです)。

こんな人にお薦め!
●使える単語の数が少なく、表現が平板。
●ネイティブに問い返されることが多い。あるいは言い直されることもある。
●自分の社会的立場にふさわしい、きちんとした英語が使えるようになりたい。
●もっとネイティブらしい、自然な会話のキャッチボールがしたい。
●単語本で単語を覚えてもその場限りで、記憶に定着しない。
●学校の試験や英検、TOEICなどの資格試験のために語彙を増やさないといけない。

【対象レベル】英語中級以上
【著者プロフィール】
ルース・ファロン
慶應義塾大学法学部・経済学部元講師。アメリカ、ウィスコンシン大学大学院(ESLおよび社会人教育)を修了後、1981年に来日。津田国際研修センター、JICA、およびその他の教育機関で社会人向け英語教育に携わる。同大学を退任後は杏林大学特任講師として大学生・高校生の英文ライティングを、川崎市国際交流協会の外国人評議員として社会人向け英語を指導。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ アルク・ライブラリーシリーズ 関連シリーズ > ネイティブ感覚 基本動詞使い分けブック
電子版発売日 2019/07/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間