• OFF
  • ON
シークレットモード
小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン―――「中1ショック」&「反抗期」までに【親がやるべき】こと

小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン―――「中1ショック」&「反抗期」までに【親がやるべき】こと

作者: 國立拓治

価格 1,540(税込)
獲得dポイント 14 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

偏差値40が70近くになるのもめずらしくない!
愛知県岩倉市にあるにもかかわらず、
「勉強を楽しみつつ、みるみる成績があがる塾」と、
日本のみならず世界各国で話題になっている
「知る人ぞ知る超名門塾」の塾長、
初の著書!!

この1冊があれば、中学生になっても困らない!
高校受験で志望校に合格できる!

小学生の勉強には、親のサポートが欠かせません。
なぜなら、主体的に勉強をするには小学生はまだまだ幼く、
親がささえず子ども自身にまかせてしまうと、
大半の子は勉強がわからなくなっていってしまうからです。
ただ、親子が力を合わせて同じ目標に向かうという蜜月は、
こどもが中学に入学し、中1の2学期頃には終わりを迎えます。
子どもたちが思春期を迎え、精神的に成長し、親離れが始まるためです。
勉強に限らず、すべてにおいて子どもは親の介入を嫌がるようになります。

一方で、中学生になると、勉強量はグッと増え、
授業時間も伸び、部活がはじまり、友だち関係も新しくなるなど、
子どもたちは大きな環境の変化に直面します。
中には、うまく中学生活になじめなかったり、
勉強面で苦労したりする子も出てきます。
心身ともにまだ幼い入学当初の子どもたちは、
環境の大きな変化についていけないことがあるのです。
この状況を「中1ショック」といいます。
我が子が自分の手を離れようとするそのタイミングで、
この中1ショックが襲うのです。

中1ショックを回避するために、できることはやっておきたいものですが、
ただ、部活や友人関係については、
中学校生活がはじまってみなければわかりません。
そこで、“準備ができること”、すなわち、中学生以降の勉強について、
子どもが親のいうことに素直に耳を傾けてくれる小学校6年生のうちから、
しっかり準備していこう、というのが本書の内容です。

■目次

1章 中学生になるまでに身につけたい勉強のやり方(基本編)
   「魔法のような」勉強法はないが、
   「成果の上がる」正しい勉強法はある

2章 中学生になるまでに身につけたい勉強のやり方(応用編)
   より広い範囲のテストも
   「やり方」がわかれば怖くない

3章 取り組んではいけない危険な勉強法ワースト5
   どんなに時間をかけて勉強しても、
   やり方を間違えれば「ムダ」になる

4章 教科別・中学校入学までに必ずマスターしたい要点

5章 親が心がけたい学習サポート

■著者 國立拓治 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/04/04
紙の本発売日 2019/03/15 ( 2010年代 )
ページ数: P200
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン―――「中1ショック」&「反抗期」までに【親がやるべき】ことのレビュー

4.3
評価数 : 3
5
1
4
2
3
0
0件
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間